オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

コマンドの種類について考える

前回はAutoCAD(オートキャド)のカスタマイズがどのような雰囲気なのか、というあたりの話を紹介しました。
AutoCAD(オートキャド)のカスタマイズは結構奥が深いので、ここでサラッと全部を説明出来る訳ではありません。

なので、具体的なカスタマイズのやり方や考え方などについては、後のカテゴリでじっくりと説明していこうと考えています。
もし興味がある方はそちらも読んで頂ければと思います。

今回はAutoCAD(オートキャド)のコマンドがどのような分類で、どの程度用意されているのか、という事について考えてみる事にします。
前回カスタマイズについて説明をした際に、線を引く機能として「線分」というコマンドを紹介して、これを実行することでCAD上で線を引くことが出来ました。

もちろんこうした機能は線分以外にもたくさん用意されていて、様々な機能を適切なタイミングで実行しながら図面を作図していく事になります。
昔は自分の手で図面を作図していた訳ですけど、自分の手で図面を描いていく事に比べると、覚える事は結構多くなっているかも知れません。

手描きで図面を描いていく事に慣れている方の中には、どうしてもCADに対して抵抗を感じる方もいらっしゃいます。
これは恐らく、作図に関係のない色々な設定などを覚えないといけないとか、そうしたCADでしかないような部分に抵抗があるのではないかと思います。

CADに対する拒否もある

手描きの場合は線を引く場合でも文字を描く場合でも、自分の手とペンを使っていき、必要に応じて定規などの道具を使ったりもします。
線を引く場合でも縁を描く場合でも、動作としてはそれほど大きく変わることはないので、それぞれの動きをスムーズに進めることが出来ます。

しかしAutoCAD(オートキャド)の場合、線を引く場合には「線分」をクリックして、円を描く場合には「円」をクリックするという、少し違う動作が出てきます。
文字を記入する場合は「文字」をクリックしますが、その前に文字のスタイルを設定する必要があって…という感じで、色々と余計な設定などが入ってくるんです。

コンピュータで図面を作図する訳ですから、それぞれ細かく命令をしてあげないと上手くいかないのは当然ではあるんですけど…
そこにフォーカスして手描きと比較すると、確かにAutoCAD(オートキャド)は少し手間が多いとか面倒などの感覚になってくるかも知れません。

これについては、当サイトでは「ある程度はもう覚えるしかない」と考えています。
覚えてしまっている私からすると、そこまで設定が難しい訳でもないので、そこに注目して「CADは面倒だから…」という意見にはあまり賛同することが出来ません。
確かに覚える手間があることは否定しませんけれど。

と言うことで、少し話が逸れてしまいましたが、AutoCAD(オートキャド)には色々な機能が用意されていて、手描きにはない感覚のものも多いという話でした。
今後具体的な使い方について説明を進めていきますが、その際には以下のような分類で説明をしていこうかなと思っています。

・各種設定関係

・作図系の機能

・編集系の機能

・文字関連の機能

・寸法関連の機能

・表示関連の機能

・データ関連の機能

・図面の印刷

それぞれの項目には結構説明したい内容があるので、そこそこ長くなると思います。
それだけAutoCAD(オートキャド)には色々な機能が用意されているという事で、逆に考えるとある意味嬉しい事なのかも知れません。

それを喜ぶかどうかはともかくとして、しっかりとAutoCAD(オートキャド)を使いこなせるようになる為に、今後色々と説明していきたいと考えています。

関連記事

  1. スキルアップの目的
  2. 仕事
  3. 自宅でオートキャド(AutoCAD)を使う事も
  4. 線を引く
  5. 順番に
  6. 最初の一歩