オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 自動で保存する機能
    自動保存という機能

    AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャ[...]

    続きを読む
  • 定期的なバックアップ
    万が一データが消えてしまうと…

    オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。前回はそ[...]

    続きを読む
  • データのバックアップについて考える
    データのバックアップについて

    前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき[...]

    続きを読む
  • サブスクリプションという選択肢
    サブスクリプションという解決策

    新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるもの[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンが常に良い訳ではない
    古いバージョンに合わせる場合でも…

    オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(Aut[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンで図面を保存
    古いバージョンで図面を保存する

    同じオートキャド(AutoCAD)で作図した図面でも、新しいバージョンで作図したdwgデータが古いバージョンでは開けない場合があります。なぜこうした問題が発生するのかというと、毎年新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)が発売されるからですが…これはもう企業として当然の動きなので[...]

    続きを読む
  • データ形式の違い
    AutoCADのバージョンによるデータ形式の違い

    オートキャド(AutoCAD)以外のCADで作図された図面を読み込んだり、あるいは作図した図面を他のCADで開けるような形式で書き出したり。そうしたデータ変換には「dxf」という中間ファイル形式を利用する事になる、という話を前回までの説明では取り上げました。ただ、dxfデータ変換も完璧で[...]

    続きを読む

7章 AutoCADの編集系機能の記事一覧

フォントは色々とある

SHXフォントを使う理由とは

オートキャド(AutoCAD)で使用できるフォントには大きく分けて二種類あります。 ひとつがゴシック体や明朝体など、それぞれの文字が綺麗に整えられているトゥルータイプフォント(TTF)と呼ばれるフォント。 もうひとつがオートキャド(AutoCAD)が独自に用意している、線や円弧などで構成されているS […]

続きを読む

分解コマンド

分解(EXPLODE)-3

前回はAutoCAD(オートキャド)の分解機能がどのような流れで進んでいくかについて具体的に説明をしました。 コマンドの実行から分解する要素の選択まではかなりシンプルな手順になるので、特に問題なく分解機能を使えたのではないかと思います。 コマンドの使い方だけであれば前回の説明だけで充分なのですが、分 […]

続きを読む

分解コマンド

分解(EXPLODE)-2

前回はAutoCAD(オートキャド)の機能として、ブロックやポリラインなどの要素をバラバラにする分解機能を紹介しました。 具体的な操作の手順まで説明が進まなかった為、今回はコマンドを実行した後の手順について説明をしていこうと思います。 まずはサンプルとして、以下のような図面を用意してみました。 図面 […]

続きを読む

分解(EXPLODE)-1

今回紹介するAutoCAD(オートキャド)の編集系機能は、分解と呼ばれる機能になります。 AutoCAD(オートキャド)の図面データを構成する要素が色々ある中で、この分解機能が重宝する場面は結構あると思います。 ただし分解が重宝する機能とは言いつつも、移動機能などと較べてしまうと少し使いどころが難し […]

続きを読む

フィレット(角丸め)

フィレット(FILLET)-2

前回はオートキャド(AutoCAD)のフィレットコマンドを開始する、というところまで説明を進める事が出来ました。 コマンドを開始しただけで、まだ全然操作の序盤という感じなので、今回はもう少し具体的な手順についての話を進めていく事にします。 フィレットコマンドを実行すると、まずは上記のような表示が出ま […]

続きを読む

フィレット(角丸め)

フィレット(FILLET)-1

前回までの説明では、線と線の角を色々な形状に編集する事が出来る、面取りという機能の使い方などを紹介してきました。 線と線の角をどのような形状にするのかをコントロールする事が出来ると言うことは、何も角の形状を変えずに線を繋ぐ事も出来る、という事でもあります。 操作の割合としては面取りの寸法を0に指定し […]

続きを読む

面取り距離の基本関係

面取り(CHAMFER)-4

オートキャド(AutoCAD)の面取り機能の概要と操作方法について説明を進めていますが、今回はその続きからです。 上記のメニューから、今回は「距離」の設定から取り上げていく事にしましょう。 □距離(D) この「距離」というのは、面取りの大きさを調整するための項目になっていて、二つの数字で面取りの形状 […]

続きを読む

面取り(CHAMFER)-3

前回までの説明で、オートキャド(AutoCAD)の面取り機能がどのような流れで進んでいくのかについては掴めたと思います。 文章と画像で説明をしていくと結構長めになってしまうのですが、実際に操作してみるとすぐに終わってしまいます。 線の組み合わせとか角度などを変えて、幾つかのパターンで何度か操作をして […]

続きを読む

面取り機能

面取り(CHAMFER)-2

前回はオートキャド(AutoCAD)の機能として「面取り」を紹介して、まずはそもそも面取りがどのような処理になるのか、という話を取り上げました。 面取り寸法を0に設定する事も出来るので、様々なシーンでこうして面取り機能を使う事が出来る、という話も紹介しました。 機能の概要が掴めたら、実際にオートキャ […]

続きを読む

実際に面取りされている部分

面取り(CHAMFER)-1

今回紹介するオートキャド(AutoCAD)の編集系機能は「面取り」と呼ばれるものです。 面取りは非常に便利な機能なので、図面を作図していく中で使う事になる機会は結構あるのではないかと思います。 ただ、そもそも「面取りとは何か?」という疑問があるかも知れませんので、今回はまずそのあたりから話を進めてい […]

続きを読む