オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

覚える順番はどうするか

オートキャド(AutoCAD)には非常にたくさんの機能があって、それを端から実際に操作しながら暗記していくのは大変です。
そうした暗記にはあまり大きな意味がないので、まずは色々ある機能の中でも優先順位を付けて覚えていけば、比較的短時間で使えるようになります。

そうすることによって、新しい機能に対する認識が「覚えなければならない数多くの機能」という感じではなくなります。
そうではなくて「これを覚えることによって今の作図業務が少し楽になる」という感覚だと、きっと覚える側としても気が楽ですよね。

そうやって覚えていく事によって、やればやるほどオートキャド(AutoCAD)の操作が便利になっていくという感覚になるので、これはお勧めです。
ただ、そうなる為には「どんな順番で機能を覚えていけば良いのか」という話がまずはある訳ですが、この選定で意外に迷う場合があります。

順番に

優先順位をつけて覚えていくという話は確かに納得するけれど、肝心の優先順位はどうやって決めていけば良いのか、という話ですよね。
これは当然ですが、これからオートキャド(AutoCAD)を覚えようと考えている方に選定するのは難しいものがあります。

そこで当サイトの情報が少しは役に立つ事になります。

当サイトはオートキャド(AutoCAD)のヘルプではありませんから、全ての機能についてフォローをしている訳ではありません。
それでは単純にソフト側が用意しているヘルプを読むのと変わらないので、当サイトの存在価値があまり大きくない状態になってしまいます。

そうではなく、当サイトでは「まず最初に覚えておきたい機能」とか「これを知っておくと操作が結構便利になる」というような機能だけを紹介していきます。
当サイトに書かれている内容を、実際にオートキャド(AutoCAD)を操作しながら一通り覚えておけば、ある程度作図や設定をする事に困らなくなる。

そういった厳選した情報を発信する事を意識していますので、まずは優先順位として当サイトで紹介していく機能を覚えていくことをお勧めします。

具体的には、作図系の基本的な機能をまずは覚えて、作図した要素を編集する機能を覚えて、という感じで、ある程度機能の種類ごとにまとめて覚えていくのが良いかと思います。
当サイトでも、作図系機能などのカテゴリに分けて説明をしていきますので、このまま順番に読んでいって頂ければ良いようになっています。

ただ、オートキャド(AutoCAD)の機能を覚えることだけであればヘルプでもガイドブックでも大丈夫、というのが正直なところ。
と言うか、ヘルプなどの方が情報のボリュームとしてはむしろ大きいので、そちらを全部読む方が得られるものは大きいと思います。

もちろん情報量が大きいと言うことはつまり、読むべき内容が多くなるという事を意味している訳ですけど、それを読破する価値は確かにあります。
それには膨大な時間が必要になってくる、というデメリットもあるので、そこまで時間に余裕がない方は当サイトをおすすめします。

さらに当サイトでは、機能を覚えた後でそれを実際にどうやって実行していくのか、というあたりについて詳しく説明をしていきたいと考えています。
このあたりの話は頻繁にオートキャド(AutoCAD)を使っているユーザーでなければ出来ない話なので、そこは恐らくヘルプなどよりも内容としては充実しているはず。

と言うことで、あまり宣伝みたいなことを書き続けても仕方がないので、そろそろ具体的な説明に入っていきたいところです。
もう少しだけ、オートキャド(AutoCAD)の操作についての考え方を説明していき、その後で具体的な機能についての説明を開始したいと思います。

関連記事

  1. 自宅でオートキャド(AutoCAD)を使う事も
  2. 線を引く
  3. 仕事
  4. CADに対する拒否もある
  5. 大学のキャンパス
  6. 価格の比較