オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

プロとしてのスタンスとは

オートキャド(AutoCAD)の操作を効率良く覚える為には、全ての機能を完全に覚えるのではなく、必要最低限の機能をまずはしっかりと覚えていく。
そうすることによって、まずは最低限オートキャド(AutoCAD)を動かせるようになって、それから細かい機能などの知識は積み重ねていけば良い。

前回はそんな主旨の話を取り上げました。
そろそろこのカテゴリも切り上げて、オートキャド(AutoCAD)の具体的な操作についての話に進んでいきたいところですが…

その前にあと少しだけ、オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く仕事と、その仕事を毎日こなしていくプロの考え方などについて説明をしてみたいと思います。
プロとして仕事をしていく為には、どのような部分に気をつけていけば良いのか。

仕事

このあたりの話は、ぜひこれからオートキャド(AutoCAD)を覚えたいと考えている方に読んで頂きたいと思っています。
考え方が仕事に影響するというのは少し古い考え方かも知れませんが、仕事に対する取り組みは本人に気持ちに左右される事は間違いない事実です。

仕事に対する取り組みが変わると当然仕事をしていく中で出る結果も違ってくるので、つまりは考え方が仕事の結果に影響を及ぼすという事になります。
と言うことで、かなり理屈っぽいことを書いてしまいましたが、仕事を継続していく中で、どのような考え方で仕事を進めるのかは結構重要な事なんです。

プロという言葉の定義は「それを職業にしているかどうか」という事になる訳ですから、仕事をしているかたは基本的に皆プロという事になります。
しかしそこには様々な段階のスキルを持っている方がいて、同じプロであっても全然スキルのレベルが違ってくる場合も多いはずです。

先月からオートキャド(AutoCAD)を使った仕事を始めた方も、10年前から仕事をしている方もプロという事に変わりはない。
こうした理屈になる訳ですが、当然そこにはかなり大きなスキルの差がある事が想像出来ます。

…と、ここで何が言いたいのかというと、オートキャド(AutoCAD)を使うプロとして仕事を始めた際には、そうしたベテランの方と同じくプロとしてみられる場合が多い、という点です。
ただ、オートキャド(AutoCAD)を使っている期間が長いかどうかが、そのままスキルと比例する訳ではないという話もあります。

まとめると以下のような感じです。

・オートキャド(AutoCAD)を使う仕事をしている方は基本的にプロと呼ばれる

・ベテランの方と肩書きは同じになる

・長期間それを仕事にしているだけではベテランにはなれない

・逆に考えると、真剣に覚えれば年配の方を凌駕する事も不可能ではない

と言うことで、これからオートキャド(AutoCAD)を覚えようと考えている方も、同じ仕事をすればベテランの方と同じ立ち位置になる訳です。
だからこそ、出来るだけ早めの段階で色々な経験をして、深い知識と操作スピードを身につけてしまう事をお勧めします。

結局は経験年数ではなく、どの程度オートキャド(AutoCAD)を使いこなせているのかが大きな判断材料になる訳ですから。
その為には、毎日テーマをもって仕事に取り組んだ方が効果的、という事が言えます。

毎日1つオートキャド(AutoCAD)の機能を調べていくとか、作図する図面についての勉強をするとか、週に1回程度のスパンで操作方法を見直すとか。
そうした取り組みを積み重ねていくと、最終的に出てくる結果は大きなものになる場合が多いので、ぜひ試してみて頂きたいと思います。

プロであれば毎日何となく仕事をするのではなく、常に改善や向上を心がけるという事です。

関連記事

  1. 最初の一歩
  2. 価格の比較
  3. CADに対する拒否もある
  4. 線を引く
  5. 大学のキャンパス
  6. 自宅でオートキャド(AutoCAD)を使う事も