オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

全部のコマンドを使うのか

前回はAutoCAD(オートキャド)が持っている機能を大雑把に分類して、それぞれの項目ごとに後ほど詳しく説明をしていくという話をしました。
CAD特有の機能や設定などもあるので、ちょっとイメージがしにくい場合もありますが、そこまで難しいものではないので覚えてしまう事をお勧めします。

作図系の機能は自分の手で図面を作図する「手描き」に通じるものがありますが、それ以外の「編集」などは、やはりCADならではの考え方になると思います。
設定などもCADならではで、こうした設定が少々面倒に感じてしまう可能性もありますが、これはもうCADなのだから仕方がありません。

図面を作図する手段が手描きからCADに進化した訳ですから、ある程度機能が追加されていないと意味がないという意見もある意味正解ではないかと。
そういう意味では、上記のように色々と説明出来る機能があるというのは、逆に嬉しく感じても良いのではないかとも思います。

ただ、こうしてAutoCAD(オートキャド)がたくさんの機能を用意している訳ですが、それを全て完全に覚えなければならないかというと、そんな事はありません。
もちろん必要になる機能は使用頻度が高いので、自然と覚えてしまうものですが、全部を暗記する必要はないので安心してください。

数あるAutoCAD(オートキャド)の機能の中にも、使用頻度の高低はありますから、あまり使用頻度の高くない機能は特に覚えなくても大丈夫です。
そうやって優先順位を付けていくと、覚えようと考えた時のハードルが少しだけ下がる事になるというメリットがあります。

例えば図面を作図する為に欠かす事が出来ない機能には何があるのか、という事を考えていくと、以下のような機能が思いつきます。

・線分 → 線を引く機能

・円 → 円を作図する機能

・文字記入 → 文字を記入する機能

・寸法記入 → 寸法線を記入する機能

・移動 → 作図した要素を移動する機能

・コピー → 作図した要素をコピーする機能

・上書き保存 → 図面データを保存する機能

まずはこうした最低限絶対に必要な機能を覚えてしまい、その後は必要に応じて少しずつ覚えている機能を増やしていくという感じです。
と言っても、それも特別難しい話ではなくて、必要に迫られて使っていく中で自然と覚えてしまうものですから、それほど大変な事ではありません。

こうして少しずつAutoCAD(オートキャド)の機能を覚えていく中で、図面を作図する手順が少しずつ効率良くなっていく。
用意されている機能を覚えていくというのはこういう事なんです。

どうしても「難しそう…」と思って身構えてしまうと、特別難しくない事がとても難しく感じてしまうような事もあります。
そうなってしまうと覚える為にかかる時間が増えてしまうので、まずは最低限必要な機能から覚えていけば良い、というスタンスで臨みましょう。

先はまだまだ長いのですから。

最初の一歩

そうすれば少しずつAutoCAD(オートキャド)の操作が便利になってきて、そうなると機能を覚えるのも苦ではなくなる。
そうした流れで少しずつ覚えていくのが一番良いのではないかと思います。

一気に機能の知識を頭に詰め込んでも、結局はそれを引き出す本人に余裕がなければ効果的に知識を引き出すことなんて出来るはずがありません。
学校の試験勉強で暗記した歴史の年号が役に立たないのと同様、単純にAutoCAD(オートキャド)の機能を覚えただけでは意味がない訳です。

機能を覚えていそれをどのタイミングで使うのが効果的なのか。
これもセットで覚えていく事で、少しずつ図面を作図するスキルが高まっていきますので、こうした順番で勉強を進めていくことをお勧めします。

関連記事

  1. 自宅でオートキャド(AutoCAD)を使う事も
  2. 線を引く
  3. CADに対する拒否もある
  4. 仕事
  5. スキルアップの目的
  6. 価格の比較