オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

カスタマイズについて

AutoCAD(オートキャド)がどのような特徴を持っているか、そして商品としてのラインナップなどを前回までの話で取り上げてきました。
価格を抑えめにしたLT版という商品であれば、比較的コストをかけずにAutoCAD(オートキャド)を使用する事が出来るのでお勧めです。

もちろん比較的安価と言ってもそれなりの出費になるので、無理に購入する必要はありません。
仕事をしていれば会社で使うことが出来ますし、本当に自宅で必要な場合でも1ヶ月の体験版もありますから。
少なくとも購入するのであれば、まずは体験版を試してからにしましょう。

今回はAutoCAD(オートキャド)の特徴についてもう少し具体的に説明していく事にして、カスタマイズについて考えてみる事にしましょう。
まずは「カスタマイズとはどのような意味なのか」という話から。

カスタマイズ(customize):使用者の必要に応じて設定を変更すること

言葉の意味を調べてみると上記のようになっています。
「必要に応じて」という言葉が適切かどうか悩むところですが、当サイトでは「AutoCAD(オートキャド)を使いやすいように設定変更すること」だと考えています。

AutoCAD(オートキャド)は使用する人の好みに合わせて、色々な使い方が出来るように準備されているので、そこを自分流に調整する事が出来る訳です。
このあたりを調べていくと、正直な事を言うと少々面倒な感じにはなってくるんですけど、一度自分のやり方を見直すと便利になることは間違いありません。

もちろん実際に線を引く動作や作成した要素をコピーする動作などが変わる事はありません。
そこはAutoCAD(オートキャド)の機能として変わる事のない部分で、それでは何を変えるのかというと、その動作をする為の実行方法になります。

線を引く

AutoCAD(オートキャド)では、線を引く機能を「LINE」というコマンドで実行します。
そのコマンドが実行された後の動きとしては、以下のような流れになっていて、そこはもう変わることがありません。

・線分を引き始める点を指定

・線分を引き終わる点を指定

点の指定方法としては、画面上からクリックするとか、キーボードから座標を入力するなどの選択肢がありますが、始点を終点を指定する事自体は変わりません。
しかしそのコマンドを実行する手段としては、以下のような選択肢が用意されているんです。

・画面上にある「線分」ボタンをクリック

線分ボタンをクリック

・小さめの「線分」ボタンをクリック

小さめの線分ボタンをクリック

・メニューバーから「線分」を選択

メニューバーから線分を選択

・LINEコマンドを直接キーボードから入力

直接LINEコマンドを入力

・あらかじめ設定しておき「L」だけを入力

コマンドエイリアスの実行

・ショートカットキーに設定しておき「Ctrl+L」などで実行

という感じで、同じ線を引くという機能であっても、どのような操作で機能を開始するのかという選択肢が結構色々とあるんです。
どのようなやり方で機能を開始するのが良いのかなどを検討して、細かく設定を調整していき、出来るだけ無駄がないやり方を整えていく。

これがAutoCAD(オートキャド)をカスタマイズする事の意味です。

もちろん目的はこうした機能を使って図面を描く事であり、カスタマイズする事自体が目的ではないのですが…
それでもこうして細かく調整することによって、本当に自分のやり方のあった操作方法を作っていく事が出来るので、これは一度試してみて頂きたいです。

具体的なやり方は後の項目で詳しく説明をしていきます。
ここではこうして色々と設定を変えることで、より便利に使いこなす事が出来る、ということを知っておいて頂ければと思います。

関連記事

  1. 順番に
  2. 自宅でオートキャド(AutoCAD)を使う事も
  3. スキルアップの目的
  4. 最初の一歩
  5. 価格の比較
  6. CADに対する拒否もある