オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚え[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。今思い出してみるとかな[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面のジャンルは本当に様々です。その中でどんな図面を描いていくのか、そのための知識というのは必要に[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。いずれにしても人に仕事を教[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。それが実際に自分で作図するのではなく[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来るかも知れないという「今さらそんな…」という内容に。ちょっと今までの話とは違う内容だったので、[...]

    続きを読む

5章 AutoCADの初期設定の記事一覧

実際の仕事は改善の連続になる

AutoCADの設定について

さて… 今まで色々とオートキャド(AutoCAD)の初期設定についての細かい話を取り上げてきましたが、そろそろ作図の機能を説明していこうと考えています。 快適に作図が出来るようにという目的で、様々な設定を調整していく事によって、業務は少しずつ無駄がなくなっていきます。 しかし、これは当たり前の話では […]

続きを読む

座標

座標入力の方法

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く場合、データとして非常に正確な作図が出来るというメリットがある。 そんな話を今まで何度か繰り返してきました。 その為に直交モードやオブジェクトスナップという機能が用意されていて、ユーザーが正確に図面を作図する手助けをしているんです。 あまりにも正確に作 […]

続きを読む

正確な作図

オブジェクトスナップの設定方法

前回はオートキャド(AutoCAD)で作図を進める為に必要不可欠な機能として、オブジェクトスナップ機能を紹介しました。 知っていれば何てことはない設定ではあるのですが、知らないと作図した図面が台無しになってしまう可能性があるので注意が必要です。 図面を手描きした場合とCADで作図した場合の大きな違い […]

続きを読む

噛みつく!

オブジェクトスナップとは

前回はオートキャド(AutoCAD)の基本的な機能として、直交モードの考え方と実際の使い方について説明をしました。 と言っても別に難しい設定や使い方がある訳ではなく、気軽に直交モードのONとOFFを切り替える事が出来ます。 この使い方にはすぐ慣れてくると思いますし、慣れてくると直交モードなしで図面を […]

続きを読む

定規を使った作図

直交モードの考え方

オートキャド(AutoCAD)のコマンドを出来るだけ無駄なく実行する、という事を意識してやり方を改善し続けるのがプロの仕事です。 その為に役立ちそうな機能として、前回はコマンド入力が不要になるというダブルクリック編集機能を紹介しました。 コマンド入力という手間が省略される訳ですから、確実に一手間なく […]

続きを読む

ダブルクリック編集

ダブルクリック編集

AutoCAD(オートキャド)を使って図面を作図する際には、例えば線や円を描くとか文字を記入するとか、その文字を編集するなどの操作をたくさん繰り返す事になります。 そうやって膨大なコマンドを繰り返す事によって、少しずつ図面を完成まで持っていく、というやり方がCADによる作図の基本になります。 だから […]

続きを読む

積み重ねの繰り返し

単位管理の設定

AutoCAD(オートキャド)を操作する際に、基本的にはずっと目で追いかける事になるカーソルの大きさをどのように設定するのか。 ちょっと地味な調整項目ではありましたが、前回はそのあたりの設定について考えてみました。 こうした微妙な調整は確かに地味なんですけど、これを繰り返していく事で、少しずつ操作の […]

続きを読む

CAD上での色の考え方

カーソル関連の設定方法

前回はAutoCAD(オートキャド)で作図をする際に、画面上では様々な色が使われている理由について考えてみました。 色と印刷スタイルについての話は結構奥が深いので、今回はさらっと概要だけを説明していますが、いずれもっと詳しく取り上げていきたいと思っています。 作図を開始する前に知っておきたい設定項目 […]

続きを読む

カラフルな状態

データ上で色を分ける理由

AutoCAD(オートキャド)で作図した図面を印刷する際には、基本的には白黒で印刷する部分が大半になってくる。 そんな話を前回は取り上げて、その理由についてもあわせて考えてみました。 図面を白黒で印刷する場合であっても、AutoCAD(オートキャド)の操作画面を見るとカラフルになっている場合が多いの […]

続きを読む

地道にステップアップ

CAD上での色の考え方

AutoCAD(オートキャド)で図面を作図する前に、CAD的な面での準備ということで、初期設定関連の話をこのカテゴリでは取り上げています。 前回までの話では、最初になぜか用意されていない線種をロードする方法や、そのままだと表示されない可能性がある線のピッチを調整する方法について説明をしてきました。 […]

続きを読む