オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 自動で保存する機能
    自動保存という機能

    AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャ[...]

    続きを読む
  • 定期的なバックアップ
    万が一データが消えてしまうと…

    オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。前回はそ[...]

    続きを読む
  • データのバックアップについて考える
    データのバックアップについて

    前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき[...]

    続きを読む
  • サブスクリプションという選択肢
    サブスクリプションという解決策

    新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるもの[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンが常に良い訳ではない
    古いバージョンに合わせる場合でも…

    オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(Aut[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンで図面を保存
    古いバージョンで図面を保存する

    同じオートキャド(AutoCAD)で作図した図面でも、新しいバージョンで作図したdwgデータが古いバージョンでは開けない場合があります。なぜこうした問題が発生するのかというと、毎年新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)が発売されるからですが…これはもう企業として当然の動きなので[...]

    続きを読む
  • データ形式の違い
    AutoCADのバージョンによるデータ形式の違い

    オートキャド(AutoCAD)以外のCADで作図された図面を読み込んだり、あるいは作図した図面を他のCADで開けるような形式で書き出したり。そうしたデータ変換には「dxf」という中間ファイル形式を利用する事になる、という話を前回までの説明では取り上げました。ただ、dxfデータ変換も完璧で[...]

    続きを読む

8章 AutoCADの文字系機能の記事一覧

文字機能のまとめ

文字系機能のまとめ

ちょっと前回は解決策のない愚痴みたいな話になってしまいました。 こうした宿題的な話はともかくとして、今までの説明でオートキャド(AutoCAD)の文字関連については大体取り上げたかなと思います。 もちろんもっと細かい設定とか操作などは残ってます。 しかしそれを全部クリアするよりも、必要な機能だけをま […]

続きを読む

日本語の入力

日本語の入力をする状況

このカテゴリではオートキャド(AutoCAD)を使って図面内に文字を記入していく為に必要な知識と機能を色々と紹介してきました。 どのような形状の文字なのかというフォントを設定して、文字の大きさを縮尺によってそれぞれ設定していく。 その為に文字スタイル管理という機能が必要になってきて、文字スタイル設定 […]

続きを読む

文字基準点

文字基準点の一括変更(Justifytext)

文字基準点が思ったような設定になっていない場合、後で編集する際にどんな状況になってしまいがちなのか。 そしてその設定を出来るだけ影響が少ないまま変更するにはどうすれば良いのか、という話を前回は紹介しました。 編集する図面にどの程度文字が配置されているかによって、どんなやり方がベストなのかが少し違って […]

続きを読む

文字基準点

文字基準点の考え方

オートキャド(AutoCAD)の文字には基準点と呼ばれるデータ上の点があって、文字の数が増えていく場合はその点が基準になる。 ちょっと文章にすると分かりにくい感じになってしまいますが、前回はそのあたりの設定について色々と紹介しました。 文字基準点の設定がおかしいと、文字を編集して文字数が変わった際に […]

続きを読む

文字の基準点

文字の基準点設定

さて…前回までの話が少し漠然とした話になってしまったので、話をオートキャド(AutoCAD)の文字関連についての話に戻します。 文字編集のやり方まで紹介したので、今回は文字の基準点について考えてみる事にします。 まずは文字の基準点とは何か? という話から。 文字の基準点というのは、もうそのまんまの説 […]

続きを読む

仕事はスピード感も必要

作図スピードを高めるには

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図する際には、出来るだけ正確な図面を作図するように心がける。 これはちょっと当たり前過ぎる話ではありますが、前回はそんな話を取り上げてみました。 作図が早い人よりも正確な図面を描く人の方が喜ばれる、という話もついでに取り上げましたが… これは正確な図面を […]

続きを読む

図面のチェック

作図した図面をチェックする

記入した文字をコピーして編集する際に、コピーまでした後で編集を忘れるとどうなってしまうか、というあたりについて考えてみました。 具体的な失敗例として簡単な図面も作成してみましたが、図面を見る側の立場で考えると、こんな図面はちょっと有り得ないという事になるかと思います。 これは自分の手で作図している場 […]

続きを読む

文字をコピーする際の注意点

文字をコピーする場合の注意点

オートキャド(AutoCAD)で作図する図面では、文字を全て新しく記入するよりも、一度記入した文字をコピーしてそれぞれ編集した方が楽な場合もある。 前回はそんな話を紹介して、文字編集機能の簡単な使い方もあわせて説明しました。 ダブルクリック編集機能は非常に便利な機能で、ダブルクリックする要素によって […]

続きを読む

文字編集

文字編集(Textedit)

前回までの説明では、図面内に文字を配置する機能として「ダイナミック文字記入」と「マルチテキスト」があるという話をしてきました。 どちらを使うのが良いかは状況によって違ってくるので、それぞれの特徴を把握しておき的確に使い分けていくと便利です。 ただ、ダイナミック文字記入もマルチテキストも、何もない状態 […]

続きを読む

どちらを選択するか

どちらを使用すれば良いか

オートキャド(AutoCAD)で文字記入をする際には、大きく分けて二つの機能が用意されていて、作図する側がそれを選ぶ事が出来ます。 ダイナミック文字記入とマルチテキストという機能がその二つで、それぞれの特徴について前回までで色々と紹介してきました。 ダイナミック文字記入という機能の名前は実際あまり使 […]

続きを読む