• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

文字基準点の一括変更(Justifytext)

文字基準点が思ったような設定になっていない場合、後で編集する際にどんな状況になってしまいがちなのか。
そしてその設定を出来るだけ影響が少ないまま変更するにはどうすれば良いのか、という話を前回は紹介しました。

編集する図面にどの程度文字が配置されているかによって、どんなやり方がベストなのかが少し違ってくるはずですが…
たくさんの文字を位置はそのままにして、文字基準点だけを変更する場合には「文字位置合わせ」コマンドが非常に便利だと思います。

文字位置合わせ機能では、現在の文字位置を変更せずに文字基準点を変更する事が出来るので、前回紹介したような状況で重宝します。
と言うことで、今回は「文字位置合わせ」機能の基本的な流れを説明していく事にします。

まず、文字位置合わせコマンドがどこにあるか。
ちょっと分かりにくい位置にあるんですけど、「注釈」タブ内の「文字」中央付近に目立たない感じで用意されています。

文字基準点一括変更コマンドの場所

あまり実行しやすくない位置にボタンが用意されています。
しかしそこまで頻繁に使う機能ではないはずなので、その都度このボタンをクリックするやり方でも大きな問題はないと思います。

JUSTIFYTEXT オブジェクトを選択:

コマンドを開始すると上記のような表示が出るので、文字基準点を変更したい文字を画面上から選択していき、選択が終わったら「Enter」を押します。

位置合わせのオプションを入力
[左(L)/位置合わせ(A)/フィット(F)/中心(C)/中央(M)/右(R)/左上(TL)/中心上(TC)/右上(TR)/左中央(ML)/中央(MC) /右中央(MR)/左下(BL)/中央下(BC)/右下(BR)] <左>:

そうすると上記のような表示が出て、変更後の文字基準点を指定する状態になります。
たくさんの選択肢がある状況ですが、ここで変更したい基準点を入力して「Enter」を押せば設定は完了します。

もしくはコマンドライン上で該当の文字をクリックしてもOKで、文字位置合わせコマンドの実行はこれで完了しました。
文字位置合わせコマンドを実行した状態の図面がこちら。

文字基準点一括変更前

ちょっと分かりにくいので、変更前の文字基準点をもう一度表示してみると…

文字基準点一括変更前

文字の位置がそのままで、文字基準点だけが変更になっているのが分かると思います。

ちょっと地味な感じの機能ではありますが、文字の位置自体は全く変わらずに、文字の基準点だけが変更される事になります。
既に作図された図面の見た目を変えずに、編集しやすいようにデータだけを変えたい場合などでは非常に重宝するコマンドではないかと思います。

このコマンドを知っているか知らないかで、修正作業の効率が大きく変わってくる。
ちょっと大げさかも知れませんが、そうした状況になる場合もあるので、まずはオートキャド(AutoCAD)がこうした機能を用意している事を覚えておきましょう。

具体的な手順はそこまで難しくないので、実際にそのコマンドが必要になって時に調べても充分に対応が出来るはず。
まずはこうした機能があることを知っていないと始まらないので、コマンドの概要とメリットを知っておくことをお勧めします。

文字基準点の設定についての話はこれで終わりです。
ちょっと説明が長くなってしまいましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございます。
文字に関する説明もそろそろ終わりに近づいてきましたが、次回はオートキャド(AutoCAD)で日本語入力をする場合について考えてみたいと思います。

関連記事

  1. 文字スタイル管理
  2. 文字基準点
  3. どちらを選択するか
  4. 文字スタイル管理
  5. 文字スタイル管理
  6. 文字の見やすさに気を遣う