オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

図面の縮尺と文字高さの関係

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図する際に、適切な大きさの文字を配置するにはどうすれば良いか。
それを考える際には図面の縮尺を意識しておく必要がある、という話を前回は紹介しました。

オートキャド(AutoCAD)では、作図対象をそのままの大きさで作図していき、印刷する際に用紙に納まる倍率で縮小します。
その縮小率が1/100であれば、図面の縮尺は1/100という事になる訳です。

そしてこれも前回紹介しましたが、A1サイズの用紙に印刷した図面では、文字サイズ2.5mm程度が適切な大きさになります。
これらの考え方を組み合わせていく事で、色々な縮尺の図面があったとしても、適切な文字の大きさがすぐに分かるようになってきます。

・A1サイズの用紙に印刷された図面で文字の高さが2.5mm

・作図対象は用紙に入るサイズに縮小して印刷される

という事から、オートキャド(AutoCAD)上の文字高さは以下のような関係になれば良いという事が分かってきます。

文字の高さ

CAD上の文字高さ × 図面の縮尺 = 実際に印刷される文字高さ(2.5mm)

この式は別に暗記しなくても大丈夫です。
縮尺の概念を人に説明出来るくらい知って、実際に色々な文字サイズで図面を印刷してみる事で、自然とそれぞれの縮尺で適切な文字高さは分かってくると思うので…

この「概念を自分で理解する」というのが重要なポイントです。

それさえ出来れば上記の式など覚える必要は全然ないですし、逆にそこを押さえる事が出来ていないのであれば、式を覚えてもあまり意味がありません。
このあたりが理解出来てくれば、後は作図している図面の縮尺によって、それぞれ適宜文字の高さを調整していけばOKという事になります。

CAD内で適切な文字高さの設定を分かりやすく表現すると、上記の式を少し変形させていき、以下のような感じになっていきます。

CAD上の文字高さ = 2.5mm ÷ 図面の縮尺

図面の縮尺では1/50とか1/100という数値が標準となっていて、基本的に分子は1になっているので、上記の式を縮尺1/100の場合で考えてみると…

CAD上の文字高さ = 2.5mm ÷ 1/100 = 2.5 × 100 = 250

という事になります。
図面の縮尺と文字サイズで考えていった式は少し分かりにくかったのですが、整理していくと結局は割と簡単な式になるんです。

CAD上の文字高さ = 2.5 × 作図している図面の縮尺の分母

なので縮尺1/100であれば 2.5×100=250 という事になるし、縮尺が1/30の場合は 2.5×30=75 という数値になります。
ちょっとしつこい感じになってしまいますが、ここで出てきた数値をもう一度縮尺の考え方に当てはめてみると…

文字高さ250の文字を縮尺1/100の図面として印刷する場合、印刷時に1/100倍にする訳ですから、250×1/100=2.5 になって、結局文字は2.5mmのサイズで読む事が出来ます。
こうして両方の順番から数字を確認していくと、オートキャド(AutoCAD)内で設定しておくべき文字の高さがはっきりと見えてくると思います。

この縮尺と文字の関係を理解しておくと、他の部分にも役に立つはずなので、ちょっと時間をかけても良いのでここでしっかり理解しておく事をお勧めします。
一番良いのは、この考え方を人に分かりやすく説明してみる事。

私自身もあまりうまく説明出来ている訳ではないので、あまり偉そうなことは言えないのですが…
きちんと説明する事が出来るということはつまり、自分でしっかりと理解しているという事になるので、一度試してみる事をお勧めします。

関連記事

  1. 文字の基準点
  2. 文字編集
  3. 文字基準点
  4. 設定が多くて悩む事も
  5. SHXフォントの設定は?
  6. 文字基準点