オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

図面の縮尺について考える

オートキャド(AutoCAD)を使って図面内に文字を記入する際には、まず「きちんと読める状態」である事が求められます。
…というような、ちょっと当たり前過ぎる話を前回は紹介しました。

こうした図面を読む側からすれば当たり前と思う事を最初に書いたのは、意外にこの「当たり前」が守られない場合が多いから。
オートキャド(AutoCAD)の画面上では読めるけれど、実際に図面として印刷をしたら読めない状態の文字というのは結構多いものです。

これはオートキャド(AutoCAD)で図面を作図していく事が、プラスに作用するのではなくマイナスに作用する部分でもあります。
これではせっかくのCADを生かしているとは言えないですよね。

そうならない為には、オートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図する方が、完成した図面をイメージしながら作図していく事が求められます。
CADの画面上で完結するのではなく、最終的にはA1サイズの図面として使われる事を想像して、それで問題ないように色々な設定をしていく訳です。

色々な設定とは具体的にどのようなものかというと、以下のような項目があります。

・文字のサイズ

・フォント

文字フォントとサイズ

文字ですからそれほど設定項目は多くなくて、どの程度の大きさでどのようなフォントなのかを設定してしまえばそれでOK。
フォントについては後ほど説明する事にして、まずは文字がどの程度のサイズになっていれば良いのか、というあたりについて考えてみることにしましょう。

まずは結論から書いてしまうと、紙に印刷した状態で文字の高さが2.5mm~3mm程度が、文字のサイズとしては適切だと言われています。
あとは図面の種類や密度にもよるので一概には言えないところもありますが、2.5mmにしておけば図面としては無難ではないかと思います。

文字の大きさ、オートキャド(AutoCAD)の設定で言えば文字の高さは2.5mmでOK、と言いたいところなのですが、話はそう簡単ではありません。
「紙に印刷した状態で文字の高さが2.5mmになっている」ところが大きなポイント。

ここでオートキャド(AutoCAD)の考え方でも面倒な部類に入る、縮尺についての考え方を思い出す必要があるんです。
ちょっとややこしいので、言葉で説明するのはあまり自信がないのですが、まずはここでオートキャド(AutoCAD)の縮尺についての基本をおさらいしてみましょう。

オートキャド(AutoCAD)で図面を作図する際には、作図対象をそのままの大きさで作図していく事になります。
作図対象は図面の分野によって色々でしょう。

機械系の図面であればそれほど大きくない部品を図面にする事が多いはずですし、建築関連の図面であれば建物が作図対象になるのでかなりのサイズ感になってくるはず。
そうした様々な作図対象をそのままの大きさで作図していく事が、まずはオートキャド(AutoCAD)の基本的な考え方になります。

ただ、作図対象の大きさは様々ではありますが、図面として使用する用紙のサイズはほとんど決まっているという現実があります。

A1: 841mm × 594mm

A2: 594mm × 420mm

A3: 420mm × 297mm

図面で使用する主な用紙サイズは上記の通りで、最も大きくてA1サイズの用紙で、新聞紙よりも少しだけ大きいくらいです。
当然作図対象がそのままの大きさでは用紙に納まりきらないので、印刷する際には作図対象をある程度決まった倍率で縮小して印刷する事になります。

これが縮尺の基本的な考え方です。

例えば建物をそのままのサイズで作図して、図面として印刷する際に1/100に縮小する場合、その図面の縮尺は1/100になる訳です。
ちょっと文字の設定についての話まで進んでいない状態ですが、オートキャド(AutoCAD)の縮尺についての考え方はこんな感じになります。

それを踏まえて文字の設定をどうすれば良いのか、というあたりの話は次回に続く事にします。

関連記事

  1. 文字基準点
  2. 文字をコピーする際の注意点
  3. どちらを選択するか
  4. フォントは色々とある
  5. 文字スタイル管理
  6. 文字スタイル管理