• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

SHXフォントの設定方法

オートキャド(AutoCAD)で使う事が出来るフォントの中で、図面内に配置する文字であればSHXフォントを使う方が効率が良い。
という話を前回は取り上げてみました。

図面の種類とか、図面内に文字がどの程度配置される事になるのか、などによって適切なフォントは少しずつ違ってくるかも知れませんが…
特に大きく文字を印刷するなどがない限りは、図面内に配置する文字を明朝体とかゴシック体に設定する必要はないのでは。

当サイトではそうした考え方を持っています。
という事で、前置きが非常に長くなってしまいましたが、今回は文字スタイル管理画面でSHXフォントをどのように設定すれば良いのかにつて考えてみる事にします。
まずは文字スタイル画面を開いて、明朝体に設定してある「明朝」という文字スタイルを選択して、その設定を確認してみると…

現状は明朝体の設定

当たり前ですがフォントはMS明朝に設定されています。
今回はこのフォントをSHXフォントに変更してみることにして、まずは「MS明朝」と書かれたフォントをクリックしてみましょう。

フォントの選択状態

上図のように色々なフォントがあります。

しかしSHXフォントに設定と言っても話は単純で、フォントの選択をする際に末尾に「.shx」と記載されているフォントを選択すればOKなんです。
上図では「romans.shx」というフォントを選択しているところで、フォントを選択すると以下のような状態になります。

romans.shxを選択した状態

上図では「明朝」という文字スタイルのフォントを変更した訳ですが、この状態でOKをクリックして、フォントが変わった内容を確認してみると…

日本語が表示されていない状態

今まで明朝体で表示されていた部分が「???」という寂しい状態になっている事が確認出来ます。
残念ながらこれでは図面内に表示する文字として何の役にも立ちません。

明朝体に設定している状態では、日本語の表示、つまり全角の文字も表示できるようになっているので問題はありませんでした。
しかしSHXフォントは残念ながらそのままでは全角文字の表示が出来ないんです。

全角が表示出来ないのは、オートキャド(AutoCAD)を開発しているAutodesk社がアメリカの企業で、元々はアメリカで使われていたCADだからかも知れません。
もちろんそれでは日本で使うには不便というか機能不足なので、全角の表示が出来るような機能が用意されています。

その機能が「ビッグフォント」という設定です。

ビッグフォントの指定

上図で印を付けたところ、フォントを選択する画面の少し下に「ビッグフォントを使用」というチェックボックスがあります。
ここにチェックを入れると、先ほど選択したフォントの右側に、フォントとは別にビッグフォントを選択出来る状態になります。

ビッグフォントを選択する状態

最初に選択されている、頭に「@」が付いたフォントは縦書きフォントになるので避けて、それ以外のビッグフォントを選択してあげましょう。

extfont2を選択した状態

これでSHXフォントでも全角が表示出来るようになりました。
先ほど「???」になってしまっていた図面を再度確認してみると…

日本語も表示される状態に

きちんと文字が読める状態になっている事が分かります。
これで全角表示に対応が出来ているSHXフォントの設定は完了しました。
明朝体などの設定に比べると、ビッグフォントの設定が余計な一手間という気がしないでもないですが、これも一度設定すればその後は特に編集する事のない設定です。

その後の作業効率なども考えると、ここでまずはきちんとSHXフォントの設定をやっておいた方が、トータルとしては楽だと思うので試してみる事をお勧めします。

関連記事

  1. 図面のチェック
  2. 文字の基準点
  3. フォントは色々とある
  4. 文字の高さ
  5. 文字スタイル管理
  6. 文字スタイル管理