オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

文字をコピーする場合の注意点

オートキャド(AutoCAD)で作図する図面では、文字を全て新しく記入するよりも、一度記入した文字をコピーしてそれぞれ編集した方が楽な場合もある。
前回はそんな話を紹介して、文字編集機能の簡単な使い方もあわせて説明しました。

ダブルクリック編集機能は非常に便利な機能で、ダブルクリックする要素によって実行されるコマンドが自動で切り替わってくれるんです。
細かくこだわりたい方の為に、ダブルクリックする要素毎にどんなコマンドを実行するかを設定する事も出来るくらいです。

そのあたりの細かい設定について説明した方が良いのか悩むところですが…
初期設定で用意されている文字のダブルクリック編集は間違いなく便利なので、積極的に使っていく事をお勧めします。

ただし。

いくら便利な機能をオートキャド(AutoCAD)が用意してくれても、それを上手に使いこなせるかどうかは作図者である我々にかかっています。
ちょっと大げさな表現かも知れませんが、今回は文字をコピーして編集していくやり方で注意しておきたい点について考えてみたいと思います。

・文字を記入して

・設定などを整えた文字をコピーしていき

・それぞれの文字を編集

こうした流れで図面内にたくさんの文字を記入していく際に、考えられる問題は何か。

・そもそも文字を記入していなかった

・文字をコピーし忘れた

・コピーした文字を編集し忘れた

考えられるのは上記のようなミスで、その中で最も影響が大きいのは「コピーした文字を編集し忘れた」という部分です。
その前段階でのミスは単純に文字が配置されない状態なので、図面内に文字が記入されていない状態になるだけの話です。

もちろん図面内に文字が記入されていない状態も困りますが、それよりもたくさん文字をコピーした後で編集を忘れてしまう方が困ります。
例えば、ちょっと適当なプランではありますが下図のような平面図が完成形の図面としてあったとします。

完成図面のサンプル

室名を記入していく際に「玄関」をまずは記入して、その文字をコピーして室名をそれぞれ編集するという流れを想定してみます。
そうすると、文字をコピーし忘れた状態だとこのような図面になります。

文字をコピーし忘れた状態

まあちょっと情報の少ない寂しい図面ではありますが、間違えではありません。
しかし文字をコピーした後で編集を忘れると、このような図面が出来上がります。

コピーした文字を編集し忘れた状態

これは明らかにダメな図面です。
先ほどの図面では室名が分からない状態だったのに対し、こちらの図面も結局は室名が分からない状態ではありますが、まず図面として間違えた情報が記載されているのが問題です。
情報不足の図面と誤情報の図面の違いです。

もちろんどちらの図面もダメではありますが、間違えた情報を記載している図面の方がよりタチが悪い図面と思われてしまいます。
上図は極端な例なので「全部の部屋が玄関のはずがないでしょう」と誰しもが思いますが、図面の種類によっては明らかな間違いだとは分からない場合もあるはず。

そうなると図面の役割を果たさないどころか、図面が原因で色々な間違いが発生してしまうという状況になってしまいます。
情報が足りない状態は0点かも知れませんが、間違った情報が記載されている場合はマイナスの点数になってしまうというイメージです。

何のためにオートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図するのか。
その図面を見る人に何らかの情報を伝達する為に作図する訳ですが、その情報が間違っているというのはやっぱり困る事なんです。

文字をコピーして編集するやり方は確かに効率的ではありますが、こうした初歩的な間違えが発生する可能性もあるので注意が必要という話でした。

関連記事

  1. 文字基準点
  2. 文字フォントとサイズ
  3. 日本語の入力
  4. 文字の見やすさに気を遣う
  5. SHXフォントの設定は?
  6. 文字スタイル管理