オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚え[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。今思い出してみるとかな[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面のジャンルは本当に様々です。その中でどんな図面を描いていくのか、そのための知識というのは必要に[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。いずれにしても人に仕事を教[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。それが実際に自分で作図するのではなく[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来るかも知れないという「今さらそんな…」という内容に。ちょっと今までの話とは違う内容だったので、[...]

    続きを読む

12章 AutoCADのブロック機能の記事一覧

ブロック機能のまとめ

ブロック機能のまとめ-3

前回、前々回とこのカテゴリで取り上げて来たブロック機能について簡単にまとめていますが、今回はそのまとめの最後です。 最後は作成したブロックを変更したくなった場合について、色々と用意されているやり方を紹介してみたいと思います。 □ブロック編集のメリット 既に作成されたブロックの形状を編集するメリットは […]

続きを読む

ブロック機能のまとめ

ブロック機能のまとめ-2

オートキャド(AutoCAD)のブロック機能について、今まで説明してきた内容をざっと簡単にまとめてみた前回でしたが、今回はその続きです。 前回はブロック機能の概要と作成方法、そしてブロックを挿入するあたりの話までしてきたので、今回はブロックデータの保存についての話から。 □ブロックデータはどこに保存 […]

続きを読む

ブロック機能のまとめ

ブロック機能のまとめ-1

このカテゴリではオートキャド(AutoCAD)が用意している便利な機能である「ブロック」にフォーカスして色々と考えてみました。 最初は少し分かりやすいとは言い難い機能ではありますが、慣れてくると非常に便利に使いこなす事が出来る。 これはどんな機能でも大なり小なりそうした部分があるとは思いますが、ブロ […]

続きを読む

インプレイス編集の手順

インプレイス編集の具体的な手順

オートキャド(AutoCAD)で作成したブロックを編集する際には、ブロックエディタを使う方法ともうひとつインプレイス編集という機能があります。 どちらがより便利で効率的なのかを考えていくと、まあどちらも便利であるという事では変わらないと当サイトでは考えています。 結局は作図する方の好みという部分が大 […]

続きを読む

ブロックのインプレイス編集

ブロックのインプレイス編集とは

作成したブロックを編集して一括で形状を変更する手段として、前回までの説明ではブロックエディタを使う方法を紹介しました。 作成したブロックを分解して改めてブロックを作成するやり方に比べると、かなりスマートにブロックを編集する事が出来ます。 特に、改めてブロックを作成する際の自然な手順として、ブロックの […]

続きを読む

ブロックエディタの活用方法

ブロックエディタの活用色々

ブロックエディタを使って既に作成してあるブロックの形状を編集する、という操作手順を前回は紹介しました。 以前紹介した「ブロックを分解して改めてブロック作成(再定義)」と比較して、どちらが使いやすいかは人によって好みが分かれるところだと思います。 実際に使ってみて好みにあうやり方を選択すれば良いので、 […]

続きを読む

ブロックエディタによる編集

ブロックエディタを使ったブロック編集

既に作成されていて、なおかつ図面上に配置されているブロックの形状を編集したくなった場合、どのような選択肢があるのか。 前回からはそのあたりについて説明をしています。 ・分解して再定義 ・ブロックエディタで編集 ・ブロックのインプレイス編集 選択肢としては上記の操作があって、前回はまず「分解して再定義 […]

続きを読む

進化した機能

作成したブロックを変更する方法

前回までの説明では、ブロック作成(BLOCK)コマンドの具体的な使い方や、ブロック書き出し(WBLOCK)コマンドの使い方などを取り上げてきました。 あとはブロック挿入のやり方や、ブロック名をどのように付けるのが作図としては便利なのか、という事も考えてみました。 矢印とか省略記号など、図面の中でよく […]

続きを読む

ブロック書き出しによって綺麗なデータにする

図面全体を書き出す意味とは?

ブロック書き出し(WBLOCK)コマンドを使うことによって、ブロックを別の図面データとして書き出す事が出来ます。 そのブロックデータをいつでも呼び出す事が出来るように、あらかじめ決められたフォルダにデータを入れておく。 もしくは、自分で決めたフォルダに書き出したブロックデータを保存しておき、そのフォ […]

続きを読む

ブロックを保存する場所の作成

ブロック専用の保存場所を作る

ブロック書き出しコマンドで作成したブロック図面データは、ある程度オートキャド(AutoCAD)側で決められたフォルダに保存しておく必要があります。 それが「オプション」のフォルダタブ内にある「サポートファイルの検索パス」に登録されているフォルダになっている。 そんな話を前回は紹介しました。 「データ […]

続きを読む