オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ブロック機能のまとめ-2

オートキャド(AutoCAD)のブロック機能について、今まで説明してきた内容をざっと簡単にまとめてみた前回でしたが、今回はその続きです。
前回はブロック機能の概要と作成方法、そしてブロックを挿入するあたりの話までしてきたので、今回はブロックデータの保存についての話から。

□ブロックデータはどこに保存されるか

ブロック作成によって定義されたブロックは、基本的に作成した際に開いていた図面データの中に保存される事になります。
こうした動きは特に違和感を感じないとは思いますが、注意点がひとつだけ。

同じ名前のブロックであっても、図面毎に作成されるというブロックの特性があるので、全然異なる形状である可能性が高いという部分。
特に「a」とか「01」などのシンプルであまり意味をなさないブロック名の場合、違う図面同士で同じ形状のブロックになっているはずがありません。

そうしてお互いに形状は違うけれど同じ名前のブロックが存在する状態で、お互いの図面全体を貼り付けたりした場合。
ひとつの図面データ内に同じ名前のブロックはひとつしか存在出来ないので、どちらかのブロックが一瞬で書き換わってしまう危険があります。

ブロック機能で最も気をつけなければならないのは、この「同じ名前だけど異なる形状のブロックが存在する場合」ではないかと思います。
自分でコントロール出来ない状態で、ブロックがすり替わってしまうのは、やはり図面を作図する側としてはツラいものがありますよね。

□ブロック書き出し

通常のブロック作成(BLOCK)コマンドとは別に、オートキャド(AutoCAD)にはブロックとして別の図面データに書き出す事が出来る機能が存在します。
それがブロック書き出し(WBLOCK)機能で、そのデータをオートキャド(AutoCAD)が認識出来る場所に保存しておけば、どんな図面でもそのブロックを使用する事が出来るようになります。

これは通常のブロック作成機能に対してどちらが優れているのか、という話ではなく、場面毎に使い分けていくと便利な機能という意味合いがあります。
なのでどちらの機能もしっかりと手順を押さえておいた方が良いです。

とは言っても手順自体はそう大きく変わる訳でもないので、どちらかの機能だけしか使えないという状況にはならないはずですが…

このブロック書き出し機能は、余計なデータやエラーデータを排除して必要なデータだけを書き出してくれる、というメリットもあります。
なので、ちょっとデータに違和感があったり、少しエラーメッセージが出てしまうような場合に、データをクリーンにするという使い方もあります。

□ブロックデータの保存場所

ブロック書き出し機能で作成した図面データは、基本的に通常の図面データと同様、拡張子として「dwg」が付く事になります。
ブロック書き出しという機能を使うのでブロックだと思ってしまいますが、扱いとしてはもう全然別の図面データという感じです。

このデータを素早く挿入出来るようにする為には、オートキャド(AutoCAD)が指定する「サポートファイルの検索パス」にデータを保存する必要があります。
書き出すブロック名はそのままファイル名になるので、こちらもきちんと日本語で名前を付けるのか、あるいはシンプルな名前にするのかが悩ましいところです。

また、この「サポートファイルの検索パス」を自分で増やす事も可能です。
元々用意されている場所でも新しく作成した場所でも良いので、その場所に書き出したブロックのデータを保存しておく必要があります。
このあたりの操作については特に難しい事もないので問題はないはずです。

関連記事

  1. ブロック作成手順
  2. ブロック作成の手順
  3. ブロックエディタによる編集
  4. ブロック機能のまとめ
  5. ブロックを保存する場所の作成
  6. ブロックがどこに保存されるか