オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ブロック機能のまとめ-1

このカテゴリではオートキャド(AutoCAD)が用意している便利な機能である「ブロック」にフォーカスして色々と考えてみました。
最初は少し分かりやすいとは言い難い機能ではありますが、慣れてくると非常に便利に使いこなす事が出来る。

これはどんな機能でも大なり小なりそうした部分があるとは思いますが、ブロック機能は特にそれが顕著ではないかと思います。
だからこそブロックだけでひとつのカテゴリを作って色々な事を書いてきた訳ですけど、そろそろ基本的な部分にいついての説明は終わりになりそうです。

以前も少し登場したように「パラメトリック」とか「パラメータ」などを使いこなすと、ブロック機能はさらに便利さを増していくはず。
でも、ここまで説明してきた内容を理解して使いこなす事が出来れば、それでも充分に便利さを感じるのではないかと思います。

このカテゴリの最後として、今まで説明してきたブロックに関する内容をまとめて、ざっくりとおさらいしてみる事にしましょう。

□ブロックとは何か

そもそもオートキャド(AutoCAD)で言うブロックとは、簡単に言うと以下のようなものを指しています。

・複数の要素をひとまとめにしてブロックと呼ぶ

・ブロックに名前を付けて管理が出来る

・作成したブロックはいつでも呼び出す事が出来る

なぜこのような機能が用意されているのかというと、オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く際に、ブロック機能があると非常に便利だからです。
作図や修正をスムーズに進める事が出来るように、という主旨でブロック機能が用意されている、というのがまずはスタートです。

□ブロック作成

まずは「どんな要素をブロックにするのか」を指定する為に、何らかの要素が作図されている必要があります。
どんな要素をブロックにするのが便利かというと、一般的には…

・椅子など決められた図形がセットになっているもの

・図面内にたくさん配置する可能性があるもの

・後で形状が変更になる可能性があるもの

などをブロックにしておくと、後々の編集が楽になっていくのでお勧めです。
このあたりの判断にはセンスが重要になってくるとは思いますが、作図している中で「こればブロックにしておけば良かった…」というような経験を何度かすれば自然と身につきます。

早めにたくさん失敗をすれば、その分だけ経験値は確実に増えるという事ですね。
もちろん何も考えずに失敗を繰り返してもそれは経験とは言えないので、ある程度「こうした方が便利だと思う」という考えが必要なのは言うまでもありませんが。

ブロックを作成する具体的な手順については、同じ説明になってしまうので今回は割愛します。

□ブロック挿入

ブロックを作成した後は、そのブロックを図面内に挿入する必要があります。
というか、そうして活用する為にブロック作成をしているので、作成したブロックは積極的に挿入していく事でその力を発揮していきます。

ブロック挿入には幾つかのやり方がありました。

・ブロックの形状を確認しながら画面上で挿入するブロックを選択

・ブロック名を入力する事で挿入するブロックを選択

形状を確認しながら挿入出来るやり方には「分かりやすさ」があって、ブロック名を入力するやり方には「操作がスムーズ」というメリットがあります。
どちらを選択するかは作図者の自由で、その考え方によってブロック名を分かりやすくするか、あるいはシンプルにするかも変わってくる事に。

そのあたりを総合的に考えて、自分のやり方を決めていくのが良いのではないかと思います。

関連記事

  1. ブロック機能のまとめ
  2. ブロックエディタの活用方法
  3. 共通で使えるブロック
  4. ブロックエディタによる編集
  5. ブロック書き出しの手順
  6. ブロック機能