• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

ブロック書き出し(WBLOCK)の手順

通常作成するブロックは、作成した際の図面データ内でしか利用する事が出来ず、別の図面でも使いたい場合は「コピーペースト」を使う必要があります。
このブロック作成機能自体は非常に便利なので、不便とかそうした話は全然ありません。

ただ、オートキャド(AutoCAD)はもうひとつのやり方を用意していて、そのやり方では新しい図面データとしてブロックを作成する事が出来ます。
完全に別の図面データになる為、どの図面データを開いている時でもそのブロックを挿入する事が出来るというメリットがあります。

オートキャド(AutoCAD)では、こうしたブロックの作成方法を「ブロック書き出し」と呼んでいます。
通常のブロック作成が「BLOCK」であるのに対して、ブロック書き出しは「WBLOCK」というコマンド名になっていて、頭に「W(多分WRITEの頭文字)」が付いています。

という事で、今回はブロック書き出しの具体的な操作手順について説明をしていこうと思います。

まずはコマンドの場所ですが、通常のブロック作成と同じ場所に並んでいるので、どうしても「▼」をクリックして「ブロック書き出し」を表示させる必要があります。

ブロック書き出し

これは一手間かかるので若干不便ではありますが、そう頻繁にブロックを作成する機会はないので、このやり方でも大きな問題はないでしょう。
ブロック書き出しコマンドを実行すると、以下のようなダイアログBOXが表示されます。

ブロック書き出し設定

これは通常のブロック作成とは少し違った画面になっていて、ブロック書き出しはこの画面で色々な設定をして作成する事になります。
通常のブロック作成とは違う画面とは言っても、基本的な部分はあまり変わらないので、そこまで違和感はないと思います。

「基点の指定」と「オブジェクトの選択」はブロック作成と同じなので説明を省略して、ブロック書き出しで重要なのはその上下にある項目です。

□作成元

この項目では、どんな要素をブロック書き出しするかを指定する事が出来ます。

・ブロック → 既に作成されたブロックを書き出す

・図面全体 → そのままですが図面全体を書き出す

・オブジェクト → ブロック書き出しするオブジェクトを画面から選択

というような違いがあります。
通常であれば「オブジェクト」が最も分かりやすく、ブロック作成と同じ操作感覚で進められるので良いと思います。

「図面全体」なんて使う機会があるの? と思うかも知れませんが、実際には結構使う機会があって、そのあたりの話は後ほど改めて説明するつもりです。
特に何もなければ「オブジェクト」を指定しておき、画面上からブロックとして書き出したい要素を選択するやり方がお勧めです。

□書き出し先

この項目が通常のブロック作成と最も違う部分で、指定した要素をどんなファイル名で書き出すかをここでは指定する事になります。

ファイル名の指定

「ファイル名とパス」項目の一番右にある「…」ボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

ファイル名の指定

ブロック書き出ししたい要素を選択した後は、ここでブロックとして書き出す際のファイル名とパス(どこに保存するのか)を指定する事になります。
ここで指定するファイル名がそのまま図面内のブロック名になるので、ある程度管理しやすい名前にするかシンプルな名前にするか…

そのあたりの考え方は通常のブロック作成と同じですね。
パスとファイル名を指定して「OK」をクリックすると、以下のようにブロック書き出し画面に戻り、ファイル名とパスの項目が切り替わります。

パスが指定された状態

この状態で問題なければ「OK」をクリックすると、新しい図面がブロックとして書き出されてコマンドは完了します。

関連記事

  1. ブロック機能のまとめ
  2. インプレイス編集の手順
  3. ブロック作成手順
  4. 共通で使えるブロック
  5. ブロック挿入の効率的な手順
  6. スキルアップの考え方