オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ブロック機能のまとめ-3

前回、前々回とこのカテゴリで取り上げて来たブロック機能について簡単にまとめていますが、今回はそのまとめの最後です。
最後は作成したブロックを変更したくなった場合について、色々と用意されているやり方を紹介してみたいと思います。

□ブロック編集のメリット

既に作成されたブロックの形状を編集するメリットは何かを考えてみると…
ブロック名と挿入位置という情報を既に持っているので、ブロックの形状を更新すれば、図面上に配置されたブロックが全て同じ形状で更新されるという部分。
これこそがブロック機能最大の特徴ではないかと思います。

それによって、通常のオブジェクトであればひとつひとつ修正をしていかなければならない場面でも、ひとつのブロックを修正すればそれで完了という便利な使い方が出来るんです。
逆に、ブロックを作成する際にも「これはブロックで作図した方が早いのではないか」というような視点で考えると上手くいきます。

オートキャド(AutoCAD)は作図する側の頑張りにある程度応えてくれる、非常に優れた機能を持っているツールです。
そうした基本方針でやり方を磨いていく事で、作図の操作は間違いなく効率化していくのは間違いありません。

□ブロックの編集

図面の作図や修正を進めていく中で、作成したブロックを色々と修正したくなる場面というのは結構たくさんあります。
ひとつのブロックを修正すれば、図面内に配置した同じ名前のブロックが全て書き換わる。

それがオートキャド(AutoCAD)のブロック機能が持っている最大の特徴なので、作成したブロックを修正する機会があるのは当然のことでしょう。
そうした状況で、オートキャド(AutoCAD)ではブロックを編集するやり方を幾つか用意してくれています。

・分解して再定義

・ブロックエディタで編集

・ブロックのインプレイス編集

作成されたブロックを編集するやり方は上記の通りです。

まずはシンプルにそのままブロックを分解してしまい、改めて同じ名前でブロックを再度作成するという方法があります。
この方法のメリットは、何か特別なコマンドを使うわけではないので、誰にとっても分かりやすく操作をする事が出来るという部分にあります。

しかしその一方で、ブロックの基点を毎回指定しなければならず、間違えると全てのブロックが一気にずれてしまうというデメリットも。
もちろん気をつけて操作すればそれで大丈夫なんですけど、急いでいたりするとどうしても間違えが発生するリスクが高くなってしまいます。

次にブロックエディタを使ってブロックを修正するやり方。

このやり方は非常に分かりやすく、なおかつ便利でもあるので、分解した再度ブロックを作成するよりも使い勝手が良いのではないかと思います。
ダブルクリック編集を組み合わせて使うとさらに便利になるので、これは非常にお勧めです。

最後にインプレイス編集を使ってブロックを修正するやり方。

このやり方はブロックエディタなどを起動したりしないで、そのまま画面上でブロックを修正出来てしまうという非常に便利な機能です。
ちょっとコマンドを開始する為に手間がかかる、という問題があるのですが、それは単純にコマンドをショートカットキーに設定すれば解決します。

当サイトとしてはこの操作が最も楽で正確だと感じますが、まずは一通り試してみた後で、自分の好みにあったやり方を選ぶのが一番良いと思います。

と言うことで、オートキャド(AutoCAD)のブロック機能についての説明はこのあたりで一旦終了という事にしましょう。
基本的な操作について一通り説明が出来たら、もう少し進んだ操作方法などについても紹介したいところですけど、ひとまず次の話題に進んでいく事にします。

関連記事

  1. ブロック挿入の手順
  2. インプレイス編集の手順
  3. ブロックエディタによる編集
  4. ブロック機能のまとめ
  5. ブロック書き出しの手順
  6. 進化した機能