オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ブロックエディタの活用色々

ブロックエディタを使って既に作成してあるブロックの形状を編集する、という操作手順を前回は紹介しました。
以前紹介した「ブロックを分解して改めてブロック作成(再定義)」と比較して、どちらが使いやすいかは人によって好みが分かれるところだと思います。

実際に使ってみて好みにあうやり方を選択すれば良いので、まずは色々なやり方を知識として吸収していきましょう。
ベストだと感じる操作方法は人によって違うというのは間違いありませんが、選択肢が多い人の方がより良い選択をするチャンスは多いですから。

今回はもう少しブロックエディタの使い道について考えてみる事にします。

前回は「既に作成したブロックを編集する」という目的でブロックエディタを使いましたが、実際には新しくブロックを作成する際にも使えます。
ブロック定義を編集の画面になった際に、前回の説明では編集したいブロック名を選択してプレビューを確認しつつ「OK」をクリック、という操作を紹介しました。

ブロックを新しく作成

でも上記のように新しいブロック名、例えば「椅子B」などを入力して「OK」をクリックすれば、新しいブロック「椅子B」を作成する為にブロックエディタが起動します。
そこで線分などを作図して保存すれば新しいブロックが作成される事になります。

当サイトとしては、新しいブロックを作成する際は、普通にオートキャド(AutoCAD)の作図画面を使えば良いと思っています。
線分を作成したりする操作はどこでも出来るので、ブロックを構成する要素の作図が出来てからブロック定義をすれば良いだけだと思うんですよね。

ただ、ブロックを新しく作成する為にエディタを使った方が便利! という意見もあると思うので、操作の選択肢として紹介しました。
先ほども同じ事を書いていますが、どんな操作が自分の好みにあうのかは実際にやってみないと分からないものですから。

それに、こうした好みというのは時間の経過と共に変わってくるもの。
今は「新しくブロックを作成する為にわざわざエディタを使わなくても…」と思っていても、もう少し経つと「やっぱりブロック作成はエディタの方が便利」となる可能性もあります。

今現在採用している操作のやり方は、あくまでも自分が知っている操作の中で「これが便利」だと感じたやり方を選択したものに過ぎません。
新しいやり方を覚えた結果その選択が変わるかも知れないし、改めて使ってみて便利だと感じる操作もあるはずです。

そうして少しずつ自分のやり方が変わっていくのは普通の事です。
今自分が使っているやり方がベストだからもう変えない、という意見も時々ありますが、それはやはりプロとして正解とは言えないでしょう。
プロであれば常に自分のやり方を磨き上げていく必要がありますから。

ちょっと違う話に進んでしまいましたが、ブロックエディタについてもうひとつだけ。

「ブロック定義を編集」の画面で編集したいブロック名を指定する際に、ブロックがたくさんあって選ぶのが大変な時。
そんな場合は、一度ブロック定義を編集をキャンセルして、編集したいブロックを画面上でダブルクリックする方が楽かも知れません。

ダブルクリック編集は、ダブルクリックする相手によってどんな機能が実行されるかが変わるという非常に便利な機能です。
設定次第ではありますが、ブロックをダブルクリックすると、初期設定ではブロックエディタが起動する事になるはず。

たくさんのブロック名一覧から目的のブロックを探すよりも、ダブルクリック編集を使った方が便利かも知れないので、一度試してみる事をお勧めします。

関連記事

  1. ブロック機能
  2. 共通で使えるブロック
  3. ブロックを保存する場所の作成
  4. ブロック挿入の手順
  5. ブロック機能のまとめ
  6. ブロックを他の図面にコピー