オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ストレッチ(STRETCH)-1

前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の編集系機能である尺度変更の手順をサンプル図面で実際にやってみました。
ドアを尺度変更によって1.5倍に大きくしてみたところ、当然の動きではありますが、ドア枠まで一緒に1.5倍になってしまい…

結局は後でドア枠の大きさを元に戻すという、作図手順としてはちょっと手間のかかる方法になってしまいました。
紹介した手順は正直なところベストの方法ではありませんが、尺度変更機能の特徴はしっかりとイメージ出来たのではないかと思います。

操作の概要を説明するだけであれば、何の意味も持たない円などの要素を拡大したり縮小したりする説明もアリですが、それではあまり役に立たないんですよね。
なので少しでも具体的な操作になるようにサンプル図を用意していて、時々こうしてあまり良くない例なども出していこうと考えています。

今回はAutoCAD(オートキャド)の編集系機能として、ストレッチと呼ばれる機能を紹介していく予定ですが…
前回紹介した、尺度変更によるドア巾修正の手順を踏まえた話をしていこうと思っているので、出来れば先に尺度変更機能の説明を読んで頂けると嬉しいです。

尺度変更(SCALE)

と言うことで、今回はストレッチと呼ばれる機能を紹介していく訳ですが、まずはこの「ストレッチ」という言葉の意味を調べてみましょう。

STRETCH:引き伸ばす・引っ張る

ストレッチの意味

ストレッチにはこのような意味がありますが、運動や体操などをする場合に使われる言葉としての方がよく使うのではないかと思います。
その場合は「筋肉を伸ばす」というようなニュアンスになって、結局は同じように「伸ばす」という意味合いがある事が分かってきます。

AutoCAD(オートキャド)が用意しているストレッチ機能は、やはりそうした言葉の意味通り、既に作図した要素を伸ばしたり縮めたりする役割を持っています。
既に作図した要素の形状を変えていく機能、という意味で考えると、前回紹介した尺度変更機能に似ている部分もあると思います。

しかし指定した部分だけを伸ばす事が出来るなどの特徴があるので、尺度変更機能とは少し違うシーンで活用される事になるはず。
このストレッチは非常に使い勝手が良い機能なので、実際に仕事で図面を作図していく中で、かなりお世話になる事になると思います。

ただ、普通に要素を移動するだけに比べると少し手順としては複雑になってくるので、出来るだけ便利に使いこなす為に、手順をしっかりと覚えていく事にしましょう。
まずはストレッチ機能がリボンメニューのどのあたりにあるのかですが、修正項目の左下あたりに配置されているのが確認出来ます。

ストレッチ機能の場所

ストレッチ機能のアイコンを見ると、この機能によってどのような事が出来そうなのか、という事が何となく伝わってくるのではないかと思います。
選択した部分をピンポイントで変形させるという部分が、ストレッチ機能の最も便利な使い方になるはずなので、そのあたりの特徴を具体的に見ていくことにしましょう。

今回はストレッチ機能の手順を説明する具体的な例として、下図のようなサンプルを用意しましたが、これは前回と全く同じ図面になります。

ストレッチ機能用のサンプル

図面修正の目的も同じで、上記の図面ではドアが800mmになっていますが、ストレッチ機能を使ってドアの巾を1200mmに大きくしてみるというもの。
ただし今回は修正作業でメインに使う機能を尺度変更からストレッチに変えています。

前回紹介した尺度変更機能を使った場合は今ひとつな感じでしたが、ストレッチを使った場合はどのような感じになるのか。
修正手順としてどのような違いがあって、どちらがより効率的な修正になっているのか、という部分に注目しながら調べていくことにしましょう。

関連記事

  1. プロパティのコピーとは?
  2. 分解コマンド
  3. 部分削除
  4. 複写機能の解説続き
  5. 配列複写のイメージ