オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

移動(MOVE)-1

前回までの話ではオートキャド(AutoCAD)の便利な編集系機能として、プロパティコピー機能の考え方や具体的な操作手順、設定などについて説明をしてきました。
この機能を知っていると、あまりオートキャド(AutoCAD)の操作が分からない中で図面を修正する時などでかなり重宝する事になります。

CADの操作についてあまり詳しくない方であれば、恐らく図面の内容についてはかなり詳しい場合が多いのではないかと思います。
そうした方の場合は、自分で引いた線がどのような色や画層になっているか、というあたりの設定についてあまり詳しくありません。

しかし図面上で「この線と同じ意味合いを持っている線を引いている」というのは分かってくるので、その場合はとりあえずプロパティコピーで同じ要素にしておくなどの操作が可能になります。
図面上で同じ意味合いを持っている線を同じ設定にしていく事で、図面データとして全然おかしくない構成にしていく訳です。

そうした操作をする為に知っておくべき機能がプロパティコピーだけであれば、かなり気楽にオートキャド(AutoCAD)のデータを編集する事が出来るようになります。
そうして気楽に操作していく中で少しずつ別の操作にも慣れていく事になって…

シンプルな機能でオートキャド(AutoCAD)に慣れていく

という感じで覚えていく事が出来たりもするので、やはり手軽で分かりやすくて便利な機能というのは重宝するものなんです。
それが前回紹介したプロパティコピー機能になる訳ですが、今回紹介する「移動」機能もかなり頻繁に使う事になる機能なので、あわせて覚えてしまいましょう。

まずは移動機能の概要から。

移動というのは読んだままの機能ですが、オートキャド(AutoCAD)上で作成した要素を別の場所に移動させる役割を持っています。
手描きで図面を作図する際には、一度作図した要素を移動する事は出来ず、どうしても移動したい場合には一度消してから描き直す必要があります。

それを考えると、ある程度ざっくりと作図をしておいて、後から位置の調整などを細かくやっていく事が出来るというのは非常に助かります。
手描きの際には用紙に対してどこに描き始めるのかを色々計算しておかないと、後で用紙に納まりきらなくなるなどの問題がありました。

これは結構情けない状態なのですが、深刻なトラブルなのであまり笑えなくて、どうしても移動したい場合は紙を切って貼り付けて…みたいな地道な作業が必要になってきます。
手描きの経験がある方であれば、一度はこのような失敗をした事があるのではないかと思います。
少なくとも私は結構やらかしました。

しかしCADではそうした心配はなく、作図開始の点を間違えたなどの感覚もなく、移動機能を使って納得ゆくまで位置の調整が出来ます。
この違いは地味ではありますがかなり大きいです。
そんな移動機能の具体的な手順をこれから説明していきます。

サンプル図面

まずはサンプルの図面が必要になるので、上図のような平面図をサンプルとして用意して、この図面の中で壁の位置を移動してみましょう。
事務室の向かって右側にある壁を少し左側に移動、つまり少し事務室が狭くなる方向に移動機能を使って編集していく事にします。

移動機能の場所

移動機能を開始するにはどこをクリックすれば良いのかですが、リボンメニューの場合は以下の場所に移動機能のボタンがあります。
キーボードから入力などのやり方も色々考えられますが、今回はそのまま移動ボタンをクリックしてコマンドを開始しましょう。

ちょっと説明が長くなってしまったので、移動機能の具体的な手順については次回にもう少しだけ続く事にします。
中途半端になってしまい申し訳ありませんが、まだ移動機能を開始する状態なので、次回も引き続き説明を読んで頂くようお願いします。

関連記事

  1. 平行線を引く機能
  2. CADでも作図者の個性は出る
  3. 尺度変更のイメージ
  4. 面取り距離の基本関係
  5. 部分削除