オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

尺度変更(SCALE)-3

前回は尺度変更機能を使ってサンプル図面のドアを大きくしてみましたが、ドア枠も一緒に大きくなってしまい、あまり上手くいきませんでした。
オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く手順には色々なやり方があって、色々な正解もあるのですが、ちょっとベストとは言いにくい結果になったかも知れません。

尺度変更?

図面を修正する際には、修正した事によって別の修正が発生しない方が楽なのに、この結果ではさらに修正が色々と発生して手間が結構かかってしまいます。

尺度変更で上手くいってない部分

ドアの巾が1.5倍になるのは狙った通りの操作だから全然問題ないとして…
ドアの枠はドア巾によって変わる事はなく、基本形状は皆同じになるので、ドア枠が単純に1.5倍になってしまっているのが問題なんです。
壁からかなり出っ張っているのも良くないです。

もちろんこうなる事は分かっていて、それでもドアの大きさを尺度変更機能で大きくしてみた訳ですから、当然の結果でもあります。
尺度変更機能は選択した要素を同じ比率で大きくしたり小さくしたりする動きをするので、そのあたりを意識しないと効率が良くならない訳です。

実際の仕事でこのような状態になった場合、最終形の状態までどのように持っていくのが早いかをすぐに考える必要があります。
元々こうした効率のあまり良くない選択肢をとらないのがベストではありますが、こうなった状態で選択肢は以下のような感じではないかと思います。

・現状から最終形に整えていく

・尺度変更機能を取り消してもっと適切な機能でやり直す

今回の場合はどちらの選択肢もあまり手間としては変わらない感じなので、最初の選択肢である現状から最終形に整えていくやり方で進めていく事にしましょう。

次回はストレッチ機能を使って、尺度変更機能とは少し違ったやり方で扉の巾を大きくする操作を紹介していきます。
ストレッチ機能と尺度変更機能を両方使ってみて、場合によってどちらが効率が良いかを考えながら比較をしていくと良いと思います。

今回の場合はドア枠を1.5倍に大きくしてしまったので、それぞれドア枠を8/12倍に小さくすると大きさとしては元に戻ります。
また、壁とドア枠の段差は元々10mmだったのですが、1.5倍にした関係で15mmになっているはずなので、移動機能を使って5mmドア全体を移動してあげると…

ドア枠の表現を元に戻す

このようにドアの表現が整い、図面の修正としては完了という事になります

尺度変更が完了した状態

今回の場合を振り返ってみると、尺度変更したい要素を選択した後で指定する事になる基点の位置もあまり良くなかったかも知れません。
また、オートキャド(AutoCAD)の操作としては、1.5倍に大きくしたドア枠をひとつずつ元に戻すあたりの操作をする事になるので、そのあたりもちょっと無駄が多かった。

反省点はそのあたりにあるのではないかと思います。
オートキャド(AutoCAD)を使って作図していく中で、適切な機能を選択出来なかった場合には、こうしてあまり良くない状態になってしまう訳です。

今回紹介した尺度変更機能の特徴は「比率を変えないまま拡大・縮小をする事」にあるので、ドアのような要素にはあまり向かないのかも知れません。
操作していく中で適切な選択が出来るようになるには、やっぱりそれぞれの機能の特徴をしっかりと掴んでいる必要があるという事なのでしょう。

図面によっては、全体の比率を変えないまま要素を大きくしたい場合も時にはあるはずなので、そうした状況では尺度変更機能が大きく役に立つはず。
今回紹介した尺度変更機能がダメという訳ではなくて、この尺度変更機能が生きるシーンはもっと別にあるという事なのだと思います。

関連記事

  1. 複写機能の解説続き
  2. トリムのイメージ
  3. フォントは色々とある
  4. ショートカットキーの活用
  5. フィレット(角丸め)
  6. 自由な曲線に合わせる複写も