オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

複写(COPY)-2

前回はオートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図する際に、欠かす事が出来ない複写機能の概要について説明をしてきました。

複写機能の解説続き
非常に使用頻度が高い機能になりますから、出来るだけスムーズに機能を開始できるように調整しておく事がポイントになってきます。

複写機能の場所

…と言いつつもリボンメニューで説明をしてしまいますが、複写機能の手順を覚えるだけであれば上記のボタンをクリックでもOKです。
操作を一通り覚えて慣れてきたら色々変える事を検討すれば良いので、今回はリボンメニューからコマンドを開始しましょう。

複写機能を開始した状態

複写コマンドを開始すると上記のような表示が出ます。
移動の場合とほぼ同じ手順になっていて、まずは複写したい要素を画面上から選択する状態になるので、画面上から複写したい壁を選択しましょう。

複写したい要素を画面上から選択

壁を選択したら複写する要素の選択は終わりなので「Enter」を押すか、あるいはマウスの右クリックで次のステップに進みます。

複写する要素を選択した状態

複写したい要素を選択した段階では上記のような表示になり、複写をする際の基点を画面上から指定する状態になります。
正確な数値や何らかの点にあわせて複写したいなどがある場合は、ある程度厳密に基点を指定した方が楽になる場合があります。

今回は壁芯の端点を複写の基点に指定してみました。

複写の基準点を選択した状態

そうすると次は上記のような表示になり、複写先の点である2点目をオートキャド(AutoCAD)の画面上から指定する状態になります。
これは移動の時と同じで、カーソルに合わせて複写する要素が動いてくるので「ここ」という点を画面上から指定すればOKです。

複写先を指定する状態

正確な数値で複写をしたい場合は直交モードをONにして数値入力をするか、オブジェクトスナップ機能を使って正確な点を指定しましょう。

複写先を画面上から指定

今回はオブジェクトスナップの「2点間中点」を利用して、壁芯の端点間の中点を指定してみる事にして、これで壁と壁の中間地点を正確に選択する事が出来ました。

二点間中央を選択中

複写機能はまだこれで終わりではなく、上記のように再度複写する点を指定することが出来ますが、今回はこれ以上複写はしないので「Enter」または右クリックで完了です。

壁の複写が完了した状態

これで壁を複写する事が出来ましたが、上図のような状況になっているので、図面としては少し中途半端な感じになっています。
複写機能は今まで何もないところに様々な要素を複写してくるので、複写した後の調整が必要になってくる場合が多いです。

今回の場合は壁と重なっている室名を移動する事と、増えた壁に合わせて室名とドアを複写して体裁を整える事が作業としてはあります。
これをやらないと、いかにも「CADの機能を使って複写しただけです」みたいな図面になってしまい、CADの良いところが全然出ません。

それではせっかくオートキャド(AutoCAD)を使っている意味がないので、複写機能の後はその周囲をきちんと整える癖をつけておきましょう。
とっても操作としてはそれ程複雑ではないので、前回紹介した移動機能と今回紹介した複写機能を使えば、図面は下図のように整います。

部屋名も移動と複写をした状態

ただ、上記の図面では室名が両方「事務室」になっていたり、複写した扉の表現がおかしかったりしていて、あまり完璧な図面とは言い難いものがありますが…
これらを整える為には、まだ説明していないオートキャド(AutoCAD)の機能を使う必要があるので、今回はここまでで良しとしましょう。

上図をもう少し整える為には、今度紹介する機能を使っていきたいと思います。

関連記事

  1. 配列複写のイメージ
  2. 部分削除
  3. CADでも作図者の個性は出る
  4. 面取り距離の基本関係
  5. 拡大縮小のイメージ
  6. 回転機能について