オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

尺度変更(SCALE)-2

前回はAutoCAD(オートキャド)の編集系機能として、作図した要素の大きさを変える事が出来る尺度変更機能を取り上げてみました。

尺度変更のイメージ
具体的な操作についての説明をしていく途中で、尺度変更をする要素を選択し、基準点を画面上から指定する状態になった、という段階まで前回は話が出来ました。

今回は引き続き操作の続きとして、尺度変更の基準点を画面上から選択する事にして、今回は壁とドア枠の交点を基点として選択することにしましょう。

尺度変更の基点を指定

基点を画面上から指定すると、次に出てくる表示は以下のような感じのものになって、尺度変更の倍率を入力する状態になります。

尺度変更の倍率を入力

この状態では、選択した基点とカーソルの位置によって倍率が計算されるようになっているので、カーソルを適切な位置にもっていって画面上をクリックというやり方も可能です。
ただ、そのような操作では正確な数値を入力する事が出来ないので、今回やりたい操作のように、巾800mmのドアを1200mmにする操作には向きません。

と言うか、このような数値を決めないやり方はあらゆるCADの操作に向かないので、紹介はしましたがあまりお勧めは出来ません。
使いどころがあるとすれば、あまり数値が気にならない状況で、拡大結果を画面上から確認しながら決めたい場合ですが…

図面を作図していく中では、なかなか数値を決めないでOKという状況はないので、結果としてはあまりこのような使い方はしない状況になるという感じです。
なので別のやり方で倍率を指定することになりますが、今回はキーボードから直接変更する尺度の倍率を入力することにしましょう。

800mm巾を1200mmにする操作なので計算式としては1200/800=1.5という事になり、ここで「1.5」と入力して「Enter」を押せばドアの大きさが変わります。

尺度変更が完了した状態

ただ、今回は例として割と分かりやすい倍率になるような状況を想定しましたが、場合によっては計算が面倒な事も結構あるはずです。
例えばドアの巾を830mmから930mmにしたい場合を計算してみると 930/830=1.120481927… という感じのすっきりしない数値になります。

これをキーボードから細かく入力していくのは大変だし、最終的に割り切れていない数値でもあるので、最後まですっきりしない状態に。
しかも小数点が何桁もあるので、たくさんの数値を入力する必要が出てきて、結果として入力ミスも多くなりそうですよね。

手間が多くて間違いの可能性も高い、というようなやり方は仕事として不充分なので、もう少し効率の良いやり方を選択していく必要があります。
正確さで人はCADに勝てませんので、そのあたりの操作は計算が得意なAutoCAD(オートキャド)に任せてしまいましょう。

具体的にはどうするかと言うと、尺度の倍率を入力する際に、もう計算式をそのまま入力して「Enter」を押すという操作になります。

尺度の入力に計算式を

今回の例ではそこまで大変ではないので1.5と入力した方が早い可能性もありますが、計算機でまずは数値を出して入力する事になると思います。
そうした手間や計算ミスや入力ミスの危険を考えると、そのまま計算式を入力する方が良いのかも知れません。

入力手間を省くという意味では、頭の中で簡単に計算をして「1200/800」ではなく「12/8」と入力するくらいで良いのではないかと思います。
そんな操作でドアの大きさがようやく変わりましたが、その結果を見るとあまり好ましい状態に変わっていないような気がしてきます。

ドア枠が大きくなっているし、壁に対しての関係もちょっと崩れているし…
という状態になっているのですが、これをどのように整えていくのか、そしてそもそも尺度変更機能が適切だったのか、というあたりの話を次回は取り上げてみたいと思います。

関連記事

  1. 分解コマンド
  2. 複写機能!
  3. ショートカットキーの活用
  4. フィレット(角丸め)