オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

編集系機能の特徴

AutoCAD(オートキャド)は図面を作図する事を目的として開発されたツールなので、線を引いたり文字を記入したりする機能が色々と用意されています。
そうした作図する為の機能について前回のカテゴリでは色々と紹介してきました。

作図系機能

これらの作図系機能を使えば、人間の手で作図するよりも遙かに正確で綺麗な図面を作図する事が出来ます。

手描きで作図した図面というのは、文字などの特徴があったりするので、作図した方の特徴が色濃く出るものなんです。
しかしAutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと、機能さえ知っていれば誰でも簡単に水平垂直の線を引く事が出来る。

これがCADの大きなメリットなんです。
手描きの場合は綺麗な細い線を引くのにある程度の熟練が必要になるものですが、CADの場合はボタンの位置と機能の流れを知っておけばOK。
この違いはかなり大きいと言わざるを得ません。

ただ、これが面白いところなのですが、AutoCAD(オートキャド)で作図した図面にも、作図した人の特徴がやっぱり出るんですよね。
誰が引いても同じ線になる訳だし、誰が記入しても同じ文字の形状になるのに、それでも作図する人の癖とか個性などが出てくる。

CADでも作図者の個性は出る

結局は線や文字だけで図面の雰囲気が出る訳ではなく、線や文字や寸法など全てをトータルで配置した時に図面のイメージというのは出来上がる、という事なのでしょう。
これはつまり、単純にAutoCAD(オートキャド)の機能を覚えただけで図面を描けるようになる訳ではない事を意味していますが…

そのあたりの話を考えると先に進みにくくなってしまうので、当サイトではあくまでもAutoCAD(オートキャド)の操作方法にフォーカスして話を進めていこうと思っています。
こうして線を引いたり円を作図したりする機能を使っていくのがCADの特徴になりますが、一度作図した要素を簡単に編集できるというのもCADの大きな強みです。

例えば手描きでは一度作図した円を移動したり大きくしたりすることは難しく、そうしたい場合には、作図した円を一度消してしまい、その後もう一度円を描いていく必要があります。
こうした作業は編集とは言わず、単純に作図し直すという感じになる訳ですが、AutoCAD(オートキャド)ではもう少し話が簡単なんです。

一度作図した円などを移動するのも簡単だし、ある程度複雑な形状を作図した後で、それをどんどんコピーしていくことも簡単です。
こうして作図した要素を自由に編集できる事が、AutoCAD(オートキャド)のデータ上で図面を作業をする最強のメリットだと言えるでしょう。

と言うことで、このカテゴリでは一度作図した要素を編集する「編集系の機能」について、色々と紹介していこうかと考えています。
機能はたくさん用意されているので、どの機能を使えば良いのか迷ってしまいそうですが、実際はそれぞれのシーンに適した使い方があります。

そのあたりの現実的な使い方も含めて紹介出来れば良いなと思います。

AutoCAD(オートキャド)で線を引くだけでは、確かに綺麗な線ではありますが、便利さは手描きとそれほど大きく変わる事はありません。
しかし複雑な形状をたくさんコピーしたりする作業などでは、圧倒的にAutoCAD(オートキャド)の方が便利になってくる訳です。

せっかく面倒なCADを覚えるのであれば、その代わりにどこかで圧倒的に便利で楽が出来る状況を味わった方が良いですよね。
その便利さを味わう事が出来るのは恐らくこうした編集系の機能になるので、色々種類はありますが、出来るだけ覚えていく事をお勧めします。

関連記事

  1. シンプルな機能でオートキャド(AutoCAD)に慣れていく
  2. 分解コマンド
  3. ストレッチの意味
  4. 実際に面取りされている部分
  5. 移動機能のイメージ
  6. 回転機能のイメージ