オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

削除(ERASE)

このカテゴリではオートキャド(AutoCAD)で作図した要素を編集する、編集系の機能について紹介をしていきます。
作図した要素を自由に編集する機能があるからこそ、オートキャド(AutoCAD)は手描きよりも優れた作図手段になり得る訳です。

これは少し盛りすぎな感じもありますね…

実際には編集系の機能だけではなく、データで管理出来たり印刷が手軽に出来たりする事など、色々な要因があって手描きよりも優れた手段になっている、という感じです。
とは言っても編集系の機能の便利さも当然ある訳で、そうした色々な機能を総合的に見ていく中で、やはり優れたツールという事になるのでしょう。

と言う事で、編集系の機能でまずは紹介していきたいのが、手描きの感覚にかなり近い感じの、作図した要素を削除する機能です。
線を引いたり円を作図したりするのはペンを使っていく訳ですけど、作図した要素を消す場合には、当然消しゴムを使う事になります。

消しゴムを使う感覚の機能

その消しゴムに相当する機能が今回紹介する削除機能です。
消しゴムと違う部分は幾つかあって、まずは消しカスが出ないという事と、作図した線がうっすらと残るような状態にならず、完全に消す事が出来るという事。
これはデータ上で消す訳ですから当然ではありますが、結構大きな違いではないかと思います。

削除機能の概要としてはこんな感じなので、次は実際に作図した要素を消す手順を紹介していく事にしましょう。
まずはサンプル図面として下図のような建物内の平面図があったとします。

サンプル平面図

ここで事務室の右側にある壁が実はいらなかったという事になった場合、壁のラインを削除する必要がありますよね。
そこで登場するのが削除(ERASE)機能になります。
オートキャド(AutoCAD)のメニューがリボンの場合、削除ボタンは「修正」項目の右上くらいにあります。

削除機能の場所

まずはこのボタンをクリックしてコマンドを開始していく事にしましょう。

ただ、これは非常に使用頻度の高い機能ですから、キーボードから実行できるようにしておくと効率が良いかも知れません。
具体的には「E」+「Enter」キーというコマンドエイリアスを使うやり方が、最もスムーズで効率の良いやり方だと思います。

削除機能のコマンドエイリアス

どのようなやり方でも構いませんが、コマンドを実行すると上記のような表示になって、削除する要素を画面上から選択する状態になります。
この状態になると、オートキャド(AutoCAD)の画面上から削除したい要素をマウスで選択していく事が出来るようになります。

今回の場合は事務室の右側に存在している壁を消したい訳ですから、こんな感じで壁を画面上から選択してあげればOK。

削除したい要素を画面上から選択

消したい要素を選択していくと、以下のような情報が表示される事になるので、ここで削除したいと考えて選択した要素の数を確認しておきましょう。
今回の場合は壁と壁芯あわせて三本の線を削除したい訳ですから、要素の数としては間違いなく合っている事が確認出来ます。

削除する要素数の確認

削除する要素がこれで間違いない事が確認出来れば、マウスを右クリックするか「Enter」を押す事でコマンドを完了させましょう。

削除機能の完了

これで選択した要素を消す事が出来ました。
操作としては非常に単純で、特に大きな問題はなかったかと思います。

段階ごとに説明していくと結構時間がかかってしまうような感じがありますが、実際の操作としては1秒くらいで完了してしまいます。
これはもう当たり前の話で、削除したい要素を選択して確認の上「消します!」とか毎回やっていたら時間がいくらあっても足りません。

こうした無駄な時間を省いて早く作図をしていく為に、出来るだけ省力化したやり方を追求していく事になる訳です。
このあたりの話は後でじっくり考える事にして、今回は削除機能の概要と流れをしっかりと覚えておく事にしましょう。

関連記事

  1. プロパティのコピーとは?
  2. 回転機能のイメージ
  3. 配列複写のイメージ
  4. 移動機能のイメージ
  5. 機能を覚えてステップを上がる
  6. 平行線を引く機能