• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

ボタンのカスタマイズについて

さて。
前回までの話では、オートキャド(AutoCAD)のカスタマイズを進める前に、まず基本的なコマンドの実行方法について色々紹介してきました。

それぞれの操作方法について特徴を掴んでおき、それぞれの良いところを組み合わせて自分のやり方を作っていく。
そのためにはカスタマイズの操作が必要になってくるので、具体的なカスタマイズの方法についてこれから説明をしていこうと思っています。

順番としては、まずボタンをカスタマイズするやり方について取り上げてみることにして、リボンをどのように自分好みに使っていけるかを考えてみましょう。
以前説明した内容を振り返ってみると、リボンには以下のような特徴がありました。

・分かりやすい

・タブを切り替えるやり方なので一手間多い

これらの特徴を踏まえてどのようなカスタマイズが出来るかを考えてみると、どうもリボンという機能はカスタマイズに合っていないような気がします。
こちらから話を始めておきながらこんな結論になってしまい申し訳ないですが…

リボンにはそれぞれ「ホーム」とか「挿入」などのタブが用意されていて、タブを切り替える事で表示されるコマンドを切り替える事が出来ます。
そしてタブの中はさらに「作成」や「修正」などのグループ(パネルと呼びます)に分かれていて、その中から目的にコマンドを選択するようになっています。

操作としてはこのタブを切り替える手順をなくした方が早いので、タブを切り替えなくてもコマンドを選択出来ないかを考えてしまいます。
もちろんカスタマイズを使えば、「挿入」タブにあるボタンを「ホーム」タブに表示させるなどの調整をすることが出来ます。

しかし、それでも全ての機能をひとつのタブに表示しきるのは難しいものがあります。
ひとつのボタンがやたらと大きかったりするので、スペースなどを考えると、どうしてもタブを切り替える操作をなくすのは難しい。

そこまで考えてカスタマイズするのなら、まだクラシック表示に切り替えた方が良いのではないか、というのが当サイトの考え方です。
ただ、オートキャド(AutoCAD)ではリボンメニューのコマンド配置もカスタマイズ出来るようになっています。

もしかしたらリボンメニューに表示するコマンドを厳選して、本当に必要なコマンドだけを表示して便利に使えるかも知れないので…
私にはちょっと難しかったという理由でやり方を紹介しないのはフェアではないので、具体的なカスタマイズに手順をここで紹介しておきます。

リボンメニューの「管理」タブ内にある「カスタマイズ」パネルに、ユーザインターフェースと書かれているボタンがあります。

ユーザインターフェースボタン

このボタンをクリックすると、ユーザインタフェースをカスタマイズという画面が開きます。
リボンに限らずほぼ全てのカスタマイズはこの画面でおこなう事になるので、まずはここで開き方をしっかりと覚えておきましょう。

ユーザインタフェースをカスタマイズ画面は一面に表示されますが、ここで注目するのは画面左側にある「すべてのファイル内のカスタマイズ」という項目。

ユーザインタフェースをカスタマイズ画面

このメニューの上から三番目に「リボン」という項目があるので、まずはその左側にある「+」をクリックしてみると…

リボン項目を展開

このように「タブ」と「パネル」と「コンテキストタブの状態」という項目が表示されます。
まず「タブ」の左側にある「+」ボタンをクリックするとタブの一覧が表示されるので、「ホーム2D」というタブの左側にある「+」をクリックすると…

ホームタブを展開

上記のように、ホームタブに表示するパネルがリストで表示されているのが確認出来ます。
ちょっと説明が長くなってしまったので次回に続きます。

関連記事

  1. 配列複写のイメージ
  2. 複写機能の解説続き
  3. プロパティのコピーとは?
  4. フィレット(角丸め)
  5. 面取り機能