オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

配列複写(ARRAY)-2

前回はAutoCAD(オートキャド)の編集機能として、配列複写がどのような便利な仕様になっているのか、という事を紹介しました。
そこまで頻繁に使う機能ではないと思っていますが、こうしたピンポイントで非常に便利な機能を知っておくと、作図する際の選択肢が拡がるのでお勧めです。

配列複写のイメージ

今回はそんな配列複写機能の具体的な使い方について説明をしていきます。
配列複写を使用するシチュエーションはそれほど多くはないのですが、サンプルとして以下のような図面を用意しました。

配列複写用サンプル図面

ちょっと使い勝手が悪そうな会議室ですが、ここに普通の椅子をザッと並べてみる、という操作で配列複写を利用してみる事にしましょう。
椅子はパイプ椅子があれば良かったのですが見当たらなかったので、ちょっと立派ではありますがこんな感じの椅子を使います。

椅子の拡大図

これを会議室に配列複写で並べてみることにします。
まずはリボンメニューでの配列複写の場所ですが、下図のように編集メニューの中央付近にボタンが用意されています。

配列複写の場所

この中から「矩形状配列複写」というボタンがあるので、今回はこれをクリックします。
作図する図面の種類にもよりますが、あまり頻繁に使わないようであれば、このままリボンメニューからボタンをクリックでもOKではないかと思います。

配列複写を開始した状況

そうしてコマンドを開始すると上記のような表示が出るので、まずは配列複写する要素を画面上から選択という事で、椅子を選択していきます。

配列複写したい要素を選択

今回用意した椅子は要素としては円弧12個と線分5個で構成されているバラバラの図形なのですが、ブロックやポリラインなどで無理にひとつにまとめなくてもOKです。
配列複写をすればいずれにしても全ての椅子がひとまとまりになりますし、もし椅子の形状を修正したい場合もその方が楽だと思います。

という事で椅子を交差選択して「Enter」を押すと…

配列複写のプレビュー

一気にというか勝手にというか、配列複写がとりあえずの設定でプレビューされます。
ここで色々な設定を調整するのが上部のリボンメニューで、この状態だとリボンメニューが配列複写用のメニューに切り替わってこんな感じになっています。

配列複写のリボンメニュー

ここで椅子の間隔などを微調整していく事になりますが、今回は椅子をX方向に5列で間隔は850に、Y方向は4行間隔は500にそれぞれ設定変更してみます。

配列複写の設定調整

そうすると椅子の配置もそれにあわせて以下のように修正されるので、「Enter」を押して配列複写機能を終了させます。

配列複写の完了状態

という感じで比較的簡単に配列複写が完了しました。
後は「会議室」の室名が椅子と重なっていて読みにくいので、ある程度読める位置に移動してあげれば大体完了ではないかと思います。

今回サンプルでやってみた図面では一回で上手くいった感じになっていますが、これはある程度配列をあらかじめ計算して最初の椅子を配置していたからです。
一度配列複写機能で椅子を配置してみて、微調整した結果、基準となる椅子の位置がここで問題ないかな…みたいな下準備をした訳です。

実際にはこうして一発で配列複写が綺麗に決まる場合は少ないのではないかと思います。
配列複写した要素を確認した上で、部屋に対して中央に配置していき、再度間隔を調整していくという微調整が必要になってくるはず。

だからこそ、一度配列複写が完了した要素であっても、再度選択すれば設定を変える事が出来るようになっているのだと思います。
AutoCAD(オートキャド)側でも何度も調整が必要なのは分かっているので、後から間隔などを微調整出来るようにしているのでしょう。

矩形状配列複写の具体的な操作手順は以上になります。
後は残った二種類の配列複写ですが…これは次回に続くことにします。

関連記事

  1. 鏡像のイメージ
  2. 実際に面取りされている部分
  3. 平行線を引く機能
  4. 自由な曲線に合わせる複写も