• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

リボンの表示内容を変える方法

前回はリボンメニューに表示されるコマンドの配置をカスタマイズする方法について説明をしてきましたが、説明が途中になってしまいました。
まだ前回の説明を読んでいない方は、出来れば前回の説明から読んだ方が話が分かりやすいので、一度読んで頂いてから戻ってくることをおすすめします。

ボタンのカスタマイズについて

今回は引き続きリボンメニューのコマンド配置をカスタマイズする方法を説明していきます。
前回は「ユーザインターフェースをカスタマイズ」画面を開き、そこに表示されている「リボン」の「タブ」を開いていき「ホーム2D」を表示したところまででした。

ホームタブを展開

上図が「ホーム2D」内に表示されているメニューになります。
「作成」とか「修正」とか「注釈」などのパネルがこのタブには表示されている、という状態がここでは確認出来ます。

これがどんな状態なのか、一度「ユーザインターフェースをカスタマイズ」画面を閉じて確認してみると、確かに同じ並びでパネルが表示されているのが分かります。

ホームタブ内のパネル並び

もう一度「ユーザインターフェースをカスタマイズ」画面に戻って…
ここで「ホーム2D」内のパネル配列を変えることで、リボンメニューに表示されるコマンドの配列を変えることが出来る。
これがリボンメニューをカスタマイズする第一歩です。

操作方法は非常に簡単で、入れ替えたいパネルをドラッグして順番を調整するだけ。
追加したいパネルがある場合はそのパネルが表示されているタブを開いて、そこに表示されているパネルをドラッグして追加することも出来ます。

表示したくないパネルがある場合は、そのパネル上で右クリックを押して表示されるメニューから「除去」をクリックすればOKです。

不要なパネルの除去

これで簡単にタブ内のパネルをカスタマイズすることが出来ました。
ただ、単純にパネルを表示するとかしないとか、パネルの配置順序だけを調整しても、恐らく本当に思ったような配置にすることは難しいはず。
なぜかというと、パネル内のコマンド配列を変えている訳ではないから。

なので、もう少し進んだ話として、パネル内に表示されているコマンドをカスタマイズする方法を紹介します。
まずは一度タブの左側にある「-」ボタンをクリックしてタブの展開を閉じて、その下にある「パネル」の左側にある「+」をクリックします。

パネルを展開した状態

そうすると現在存在するパネルの一覧がずらっと表示されるので、ここで「ホーム2D-作成」に注目してみましょう。
そこには「ホーム2D-作成」パネルに表示されるコマンドが一式設定されているので、内容を全て展開してみると…

作成パネル内のメニュー

このように、ちょっと分かりにくいかも知れませんけど、パネル内に配置してあるコマンドが一式表示されました。
「行1」には線分やポリラインや円などのコマンドが配置されていて、「行2」にはスプラインなどのコマンドが、「行3」には雲マークなどが配置されているのが分かります。

パネル内に表示するコマンドをカスタマイズするためには、上記の設定からコマンドを削除したり、新しく追加したり入れ替えたりすればOKです。
具体的な操作方法はやっぱり簡単で、入れ替えはコマンド名をドラッグすれば出来るし、削除も右クリックして出てくるメニューから「除去」で消せます。

コマンドを追加する場合は、下側にあるコマンド一覧から追加したいコマンドを表示させて、配置したい位置までそのコマンドをドラッグすれば追加出来ます。
コマンド一覧にはたくさんのコマンドが並んでいるので、検索などを使うとスムーズに目的のコマンドを見つけることが出来て便利です。

関連記事

  1. キーボードでの操作方法
  2. コマンドエイリアスを使う
  3. コマンドを新規作成する方法
  4. ショートカットキーへの割り当てには限りがある
  5. カスタマイズ機能のまとめ
  6. 一時優先キーの考え方

Warning: Undefined array key "show_share_hatena_postlist" in /home/users/1/mktt77/web/autocad/wp-content/themes/nzero/functions/social.php on line 94