• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

ツールバーのカスタマイズ-1

前回はオートキャド(AutoCAD)のリボンメニュー内のコマンドをカスタマイズする具体的な方法について紹介をしてみました。
私自身は前回説明したようなリボンメニュー内のカスタマイズをしていないのですが、説明していく内に「結構使えるかも…」と思ってしまいました。

こうした新しい発見が時々あるというのがオートキャド(AutoCAD)の操作を解説していくメリットなんですよね。
色々考えてカスタマイズをしていけば、ひとつのタブによく使うコマンドを集約して、便利に使うことが出来るかも知れません。

それが出来れば、タブを切り替える必要があるというリボンの欠点がなくなりますよね。

私はどちらかと言えばクラシックメニューに切り替えて、そちらでボタンの配置をカスタマイズする方法をおすすめしていましたが…
今後このクラシック表示がなくなってしまう可能性があることを意識すると、リボンのカスタマイズを追求した方が良いのかも知れません。

とは言え、クラシックメニューにも良いところがたくさんあるので、今回はそんなクラシック表示をカスタマイズする方法を紹介します。
まずクラシックメニューの特徴を考えてみると…

・ボタンがたくさん配置出来る

・ただしボタンは小さめなので判別が難しい場合も

という特徴を持っていて、リボンメニューよりもやや自由度が高めのメニューになっています。
リボンメニューと比べてどちらが使いやすいかを確認するためにも、今回はクラシックメニューの配置をカスタマイズしてみることにしましょう。

ちなみにこのクラシックメニューというのが正式な名称かどうかは分かりませんが、カスタマイズする際に表示される名前は「ツールバー」になっています。
なので今回説明する際には、クラシックメニューではなくツールバーという呼び方で説明をしていこうと思います。

クラシックメニュー表示に

まずは表示形式をクラシックに切り替えると、リボンメニューからツールバーの表示になり、大きく雰囲気が変わってくるのが分かります。
具体的には、以下のようなボタンの表示になる感じですね。

ツールバーが表示された

このボタン表示を色々と変えていくために、まずはどんなボタンでも良いのでボタン上でマウスを右クリックしてメニューを表示させます。

右クリックでツールバー一覧が表示される

ちょっとキャプチャ画面が大きすぎますが、ボタン上で右クリックすると表示されるメニューの内容は上記のようになっています。
チェックが入っている項目が現在表示されているツールバーの種類で、チェックを入れることで新たにツールバーを表示することが出来ます。

しかし今回はどんなツールバーを表示するかを選択するのではなく、一番下に表示される「カスタマイズ」をクリックしましょう。
カスタマイズ画面を呼び出す方法は色々とありますけど、前回紹介したのはリボンメニュー内に表示されているボタンをクリックする方法でした。

クラシックメニュー表示になっている状態では、リボンメニュー内に用意されているボタンをクリックすることは残念ながら出来ません。
なので今回は右クリックして表示されるメニューの中から「カスタマイズ」を選択しました。

ユーザインタフェースをカスタマイズ画面

カスタマイズを選択すると上記のように「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面が表示されますが…
リボンメニュー内に用意されているボタンをクリックした場合と比べると、表示される画面が小さい状態で開いている気がします。

なので、まずは上部にある「すべてのファイル内のカスタマイズ」をクリックして、ツールバーのリストを表示させましょう。

ツールバーのリストを表示

この画面でツールバーのカスタマイズを進めていくことになりますが、説明は次回に続きます。

関連記事

  1. 押しやすいキーの範囲
  2. 様々なやり方を組み合わせる
  3. カスタマイズ機能のまとめ
  4. コマンドマクロの設定方法
  5. コマンドエイリアスのカスタマイズ
  6. ボタンをクリックする