オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

AutoCAD最大の特徴として

このカテゴリではオートキャド(AutoCAD)のカスタマイズについて、その考え方と具体的な設定方法を紹介していこうと思います。
ひとつ前のカテゴリではオートキャド(AutoCAD)を使いこなす為にはどうすれば良いか、という事について色々と考えてみました。

その話の中でカスタマイズについての話も少ししたのですが、具体的な設定の方法について細かく取り上げる事はしませんでした。
それをやっていると操作や設定の説明だけの話になってしまい「どうすれば」という話があまり進まない状態になってしまうので…

しかしこのカテゴリでは、もうオートキャド(AutoCAD)のカスタマイズの話だけをするので、具体的な方法についても色々説明していこうと思います。
ということで、まずは前回のカテゴリでも少し話をしましたが、カスタマイズの概要について簡単に紹介してみます。

オートキャド(AutoCAD)のカスタマイズというのは、設定やコマンドの実行などを自分の好みに合わせて調整していくことです。
そうやって自分の好みに合ったやり方を設定していくことによって、なるべく無駄な操作をなくして効率良く図面を描いていく。

これがカスタマイズをする最大の理由になります。

カスタマイズをする理由

例えば画面上に線を引きたい場合などで、そのコマンドをどのように実行するか。
これは線を引く操作だけでなく全てのコマンドに言える事ですが、オートキャド(AutoCAD)はそのやり方をいくつか用意してくれています。

そのやり方の中から自分がやりやすいと思い方法を選定していき、その方法を出来るだけ便利に使えるように調整していく。
このような調整をオートキャド(AutoCAD)のカスタマイズと呼びます。

カスタマイズにはこうした考え方があるので、まずは「自分がどのやり方を選択するのか」を決めるため、基本的なやり方をある程度知っている必要があります。
当サイトでほぼ最後のカテゴリでカスタマイズを取り上げているのは、最初にここを読んでもあまりピンと来ない可能性が高いから。

まずは基本的な操作をしっかりと押さえておき、その中から自分の好みに合ったやり方を探してカスタマイズをしていく、という流れで進んでいく事になります。
あまり基本的な部分を知らないままカスタマイズを勉強しても、効果としてはあまり期待出来ないところがあるので、そこは注意が必要です。

なので、今この説明を読んでいる方で、オートキャド(AutoCAD)の基本的な操作についてあまり自信がない方もいらっしゃると思いますが…
そうした方は、もう少し前のカテゴリを読んで知識を得てから読んで頂いた方が、結局は効率が良いかも知れません。

このカテゴリで説明する内容は、基本的にこれよりも前のカテゴリで書かれている事を知っている、という前提で話をしていこうと考えています。
そうしないと、全てのコマンドについて毎回詳しく説明していくことになって、やはり説明が非常に長くなってしまいカスタマイズの説明が進まないので。

ということで…

コマンドの種類については今まで説明してきた通りですが、その具体的な実行方法については本当に一般的なやり方だけしか紹介してきませんでした。
なので次回からはオートキャド(AutoCAD)のカスタマイズについて、どんな選択肢があるのかについて簡単に考えてみることにします。

その上で、そのやり方をカスタマイズする具体的な手順について説明をしていく。
そんな流れで話を進めていこうと思います。

関連記事

  1. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  2. コマンドエイリアスのカスタマイズ
  3. ツールバーのカスタマイズ方法
  4. 押しやすいキーの範囲
  5. 仕事はあくまでも時間がベース
  6. 様々なやり方を組み合わせる