オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

コマンドの実行方法は色々ある

オートキャド(AutoCAD)の操作方法をカスタマイズするやり方について話を進めるにあたり、まずはカスタマイズの概要から…
という感じで前回はカスタマイズについて簡単に説明をしてみました。

カスタマイズというからには「人によって色々な使い方が出来る」という特徴があって、その自由度の高さが大きなメリットになってきます。
うまくカスタマイズを設定することが出来れば、オートキャド(AutoCAD)を操作するスピードはかなり早くなると思います。

私が知る限り、オートキャド(AutoCAD)の操作が早い方は、やり方は色々ですがほぼ間違いなく自分のやり方をカスタマイズで変えています。
私も恐らく操作は早い方だと思いますが(自己評価なので甘いかもですが)、当然という感じでカスタマイズで色々と設定を変えてます。

同じようにカスタマイズをしているにも関わらず、よくよく聞いてみるとそのやり方は人によって全然違ったりしているのが面白いですよね。
こうした自由度の高さもカスタマイズの魅力ではないかと思います。

自由度の高さが特徴

なので、オートキャド(AutoCAD)のカスタマイズについての話は、どうしても個人によって好みが違ってきてしまうもの。
というか、その為にカスタマイズの環境が用意されているので、違ってきて当然なんです。

でも、もちろん全体的な話もしますが、当サイトでお勧めしていく内容はどうしても私が便利だと思っている設定に偏ってしまう。
それが全ての方の好みに合っている保証はないので、そこがちょっと心配です。

私としては自分自身が良いと思ったやり方をお勧めすることしか出来ないので、これはもう仕方がないことなのかも知れませんが…
当サイトを読んでいる方には、私のお勧めするやり方だけではなく、色々なやり方を試して自分に合うやり方を見つけて頂きたいと思っています。

全ての操作を当サイトに記載している内容に合わせなければダメ、という話などあるはずはなく、その必要性はどこにもありません。
私の意見は少し極端なのかも知れませんけど、記載されている内容の中から役に立ちそうな内容をピックアップして試してみる。

ちょっと変な話になっていますけど、そんなニュアンスで読んで頂ければと思います。
さて、少し話が逸れてしまいましたけど、今回はオートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行する基本的な手順について考えてみることにしましょう。
まずはその方法を箇条書きにしてみます。

・画面上部にあるボタンをクリックする

・メニューバーからコマンドを選択して実行

・キーボードからコマンドを入力して実行

・キーボードからコマンドエイリアス(短縮コマンド)を利用する

・ショートカットキーを活用する

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いていく中では、上記のようなやり方でコマンドを実行して作図を進めていくことになります。
どのやり方を選択しても、実行されるコマンドは基本的に同じです。

ボタンをクリックするやり方だけは一部のコマンドで上部のメニューが切り替わったりして便利ですけど、それ以外は特に大きな違いはありません。
なので、オートキャド(AutoCAD)を使う側としては、出来るだけ楽ができるやり方で作図を進めていくことを考えるのが良いですよね。

その為にはまずそれぞれのやり方について基本的な部分を知っておいた方が有利。
その中からどのやり方を選択するのがベストなのかを考えていくのはそれから。
ということで、オートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行するそれぞれの方法について、簡単ではありますが次回から説明をしていこうと思います。

関連記事

  1. コマンドマクロの設定方法
  2. クイックアクセスツールバーの設定
  3. ツールバーのカスタマイズ方法
  4. キーボードでの操作方法
  5. 一定の水準を満たしたスキルを持つ意味
  6. クイックアクセスツールバーの設定