• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

メニューバーを利用するやり方

前回はオートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行する方法として、ボタンをクリックするやり方のひとつ「クラシック表示」を紹介しました。
これは結構昔からオートキャド(AutoCAD)を使っている方にとっては、もうおなじみという感じの設定ではないかと思います。

実際の仕事ではリボン表示ではなく、クラシック表示に切り替えて操作をしている方も結構いるのではないでしょうか。
ただ、この「クラシック」という意味は何となく分かるとは思いますが、念のために調べてみると以下のような意味が出てきます。

クラシック(classic):古典的・由緒のある

うーん…なんと言うか、古典的な操作方法なんでしょうかね。
もしかしたら今後バージョンアップを重ねていく中で、このクラシック表示はいつの間にか消えてしまう流れなのかも知れません。

だとしたらオートキャド(AutoCAD)にはリボンよりも便利な操作方法を用意してもらわないと困るよな…とユーザーとしては思います。
バージョンアップによって変化していくのは歓迎なんですけど、少なくともリボン表示がクラシック表示よりも便利だとは思えないので。

という個人的な感想はさておき、今回はオートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行する別のやり方を紹介します。
あまり使う方はいないかも知れませんけど「メニューバー」を使うやり方です。

□メニューバーからコマンドを選択して実行

メニューバーを使ってコマンドを実行する方法について紹介しますが、そもそもメニューバーがどこにあるのかという話があります。
残念ながらオートキャド(AutoCAD)の初期設定では表示されていないので、まずはメニューバーを表示させるところからスタートです。

画面上部にクイックアクセスツールバーと呼ばれるツールバーがあって、そこには基本的なコマンドだけを集めて表示させるようになっています。
その一番右側に▼ボタンがあるのでクリックすると、結構色々なメニューが表示されて、その中に「メニューバーを表示」という項目があります。

メニューバーを表示

この項目をクリックするとメニューバーが表示されるようになって、場所としてはリボンの上側、下図の位置に表示されます。

メニューバーが表示された

これも昔からオートキャド(AutoCAD)を使っている方にとっては、やや懐かしい存在ではないかと思います。
「ファイル」とか「編集」などの項目が並んでいて、それぞれの項目をクリックすると下側にメニューがゾロッと表示されます。

メニューバーが展開された状態

上図を見て頂ければ分かるとおり、表示されるメニューにはたくさんの機能が文字として表示されていて、その文字をクリックすればコマンドが実行出来るようになっています。

メニューバーの大きなメリットは小さなスペースに一通りのコマンドが納まっていること。
表示させてもあまり気にならないくらいのスペースで、そこに色々と便利な機能が詰まっているというのは結構重宝するものです。

このメリットが逆にデメリットでもある、というのは特徴としては当然のことなのかも知れません。
メニューバーからコマンドを実行しようとすると、毎回下側にメニューを表示させてからコマンドを選択する必要があるんです。
ちょっと手順としては多いので、作図の効率は決して良いとは言えません。

そう言ったことを考えていくと、このメニューバーを使った操作をメインで考えるのはちょっと難しいかな…という気がします。
もちろんやり方を選ぶのは作図者本人なので、メニューバーが気に入ったとしたら使えば良いんですけど、なかなか選択しにくいやり方かも知れません。

関連記事

  1. 作成したコマンドの利用方法
  2. カスタマイズ機能のまとめ
  3. カスタマイズをする理由
  4. クイックアクセスツールバーの設定
  5. ツールバーのカスタマイズ方法
  6. コマンドエイリアスを使う