• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

ツールバーのカスタマイズ-2

AutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する方法として、クラシックメニューとも呼ばれるツールバーを活用する方法があります。
前回はそのツールバーをカスタマイズ方法について説明をしている途中で終わってしまいました。

なので今回は引き続き、ツールバーをカスタマイズするの具体的な手順について説明をします。
「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面を表示させたところまで前回は説明が進んでいるので、今回はその続きから。

ツールバーのリストを表示

上図を見て頂ければ分かりますが、ツールバーにはたくさんの種類が用意されています。
ツールバーの名前を見ていくと、コマンドの大まかな種類によってそれぞれ異なるツールバーに分けられていることも分かります。
例えば「作成」の左にある「+」ボタンをクリックして展開してみると…

作成ツールバーを展開

このように「線分」や「ポリライン」などの作図系コマンドが配置されています。
カスタマイズの基本は無駄を省くことで、ツールバーで言えば「あまり使わないコマンドを表示しない」こと。
それによって使用頻度が高いコマンドの実行をスムーズにするという狙いがあります。

なので、例えば作成ツールバーでは「構築線」や「楕円弧」などの、使用頻度が低めのコマンドを表示しないように消していきたいと考えます。
その場合は消したいコマンドの上で右クリックして「除去」を選択することで、必要のないコマンドを消すことが出来ます。

不要なコマンドを除去

新しくコマンドを追加したい場合は、画面下側にある「コマンド一覧」から追加したいコマンドを探して、ドラッグすればOKです。
例えば作成ツールバーに「マルチライン」コマンドを追加したい場合。

コマンド一覧には非常にたくさんのコマンドが表示されているので、検索バーに「マルチ」と入力してみましょう。
そうするとコマンド一覧は「マルチ」が含まれるコマンドのみに絞り込まれるので、マルチラインコマンドをクリックしたまま…

ドラッグによりマルチラインコマンドを追加

作成ツールバーまでドラッグしていき、追加したい場所で離せば、下図のようにマルチラインコマンドを追加することが出来ました。

マルチラインコマンドを追加した状態

今回の操作はあくまでもサンプルで、別にマルチラインが頻繁に使うコマンドという訳ではありませんが…
このように不要なコマンドを消していき、逆に必要なコマンドを追加していくことで、本当に使うボタンだけが画面に表示されるようになります。

これがツールバーをカスタマイズする大きな理由です。

ツールバーを表示して作図していくスタイルの場合、ボタンが少し小さい分だけたくさんのボタンを表示することができます。
ただ、ボタンが小さいことはメリットではありますが、あまりにもたくさんのボタンがある状態だと操作しやすいとは言えません。

なので、確実に使うボタンだけを画面上に表示させておき、一週間に一度くらいしかクリックしないようなコマンドはもう表示しないでおく。
そんな考え方でコマンドを厳選していくと、ツールバーも非常にスッキリして使い勝手が良くなるのではないかと思います。

たくさんの機能があるのは良いことではありますけど、滅多に使わないコマンドがずっと画面上に表示されている状態はあまり効率的とは言えません。
ボタンをクリックする場合に選択肢が多すぎると迷うし、クリックの間違いも起きやすいので、必要最小限の表示に抑えておいた方が使いやすいはずです。

ツールバーに配置されているコマンドをカスタマイズする具体的な手順はこんな感じで進めればOKですが、次回にもう少し続きます。

関連記事

  1. クラシックメニューについて
  2. 自由度の高さが特徴
  3. リボンメニューをカスタマイズ
  4. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  5. キーボードを使う方法
  6. リボンメニュー内にツールバーを表示