• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

リボンメニューかツールバー表示か

AutoCAD(オートキャド)を効率的に使っていくために、コマンドをどのように使っていくのが正解なのか。
こうした考え方にずばり正解というものはありませんが、当サイトではどのように考えているかを前回は考えてみました。

・線分や移動など一般的なコマンド → コマンドエイリアス

・外部参照など使用頻度が少ないコマンド → メニューバー

・保存や印刷などのファイル操作系コマンド → クイックアクセスツールバー

・画層表示系コマンドなど頻繁に使うコマンド → ショートカットキー

・オブジェクトスナップ → 一時優先キー

少々キーボード入力に偏っている感じもありますけど、こうした方針でコマンド実行方法を分けていくと、それぞれのメリットを上手く利用していくことが出来ます。
この操作方法の難点は、キーボード入力が多いのでどのキーがどのコマンドに割り当てられているかをしっかり覚える必要がある、というあたりにあります。

キーボードとコマンドの関係を覚える必要がある

しかしこれは実際にやってみると、意外に短期間で覚えてしまうものなんです。
なにせ仕事でAutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いている訳ですから、基本的には一日中操作をしていることになる訳です。
そうなるとやっぱり手に馴染むのは早いです。

AutoCAD(オートキャド)の基本的な操作を覚えた後は、もう練習ではなく仕事で使っていった方が良いです、という話は以前にもしました。
仕事で使うというのはやはり緊張感もありますし、長時間使うということもあるので、やっぱり覚える為には最適な環境なんですよね。

ちなみに、先ほど紹介したコマンドの実行方法を見ると「リボンメニュー」と「ツールバー」がどこにも出てきていないのが分かります。
AutoCAD(オートキャド)の作図画面で大きなウェイトを占めるリボン表示、もしくはクラシック表示に変えた際のツールバー。

これは恐らくAutoCAD(オートキャド)側がコマンド実行方法としてメインで考えていると思いますが…
当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)の基本表示形式である「リボンメニュー」と「ツールバー」はあまり使わないでも良いと思っています。

なので、リボンメニュー表示にしても問題ありませんし、昔からのユーザーであれば慣れているクラシック表示にしてもOKです。
作図スペースの広さを優先する場合はツールバー表示にした方が良いですし、表示の分かりやすさを優先する場合はリボンメニュー表示にしておいた方が良いです。

しかしAutoCAD(オートキャド)の基本的なコマンド実行方法としてはどちらも使わないので、どちらの表示でも問題ないかなと思っています。
リボンメニューもツールバーも、結局はコマンドを実行する為にマウスをそこまで移動する必要があるので、スピードを考えるとどうしても不利なんですよね。

基本的なコマンド実行スピードで比較してみると、どうしてもキーボードを使う方が有利なのでどうしてもそちらがメインになってしまいます。
線を引いたり移動をするために毎回画面上部までカーソルを移動するとか、ちょっと効率が悪いので時間がかかってしまうんですよね。

だからこそ基本的なコマンドなど、キーボードからコマンドを実行出来るものはなるべくキーボードを使うようなやり方にしています。
もちろん全部のコマンドをキーボードで実行するのは難しいですが…

あまり使用頻度が高くないコマンドや、データ保存・印刷など節目で使うコマンドについてはボタンから実行でも良い、という使い分けですね。

関連記事

  1. コマンドマクロの設定方法
  2. リボンメニュー内にツールバーを表示
  3. ツールバーのカスタマイズ方法
  4. コマンドエイリアスのカスタマイズ
  5. キーボードでの操作方法
  6. ショートカットキーのカスタマイズ方法