• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

カスタマイズ関連のまとめ-1

さて、ちょっと話が長くなってしまいましたが、AutoCAD(オートキャド)のカスタマイズについての話はようやく終わりになりそうです。
前回も少し紹介しましたが、当サイトがおすすめするキーボードをメインとするやり方は少し特殊に感じるかも知れません。

もちろん当サイトでおすすめするキーボードを使うやり方が、誰よりも便利に使えるベストな方法という訳ではありません。
リボンメニューやツールバーをメインで使いながら効率良く作図をしている方も、世の中にはきっとたくさんいると思います。

あくまでも「キーボードを使う方法でも効率良く図面を描くことが出来ます」というニュアンスで読んで頂ければと。
そして、それぞれの方が自分のやり方を考える際のヒントになればと思っています。

さて、今回はAutoCAD(オートキャド)のカスタマイズについて、今まで説明してきた内容を簡単にまとめて、それでこのカテゴリの話を終わりにしましょう。

□コマンドを実行する方法

まずはAutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する方法として、以下のような選択肢があるという話をしました。

・画面上部にあるボタンをクリックする

・メニューバーからコマンドを選択して実行

・キーボードからコマンドを入力して実行

・キーボードからコマンドエイリアス(短縮コマンド)を利用する

・ショートカットキーを活用する

これら操作方法の選択肢から、それぞれのコマンドを実行する際にベストだと思われる操作方法を選択していく、というのがまずは基本としてあります。
そして、その方法をもう少し自分好みに調整していくことがカスタマイズです。

□ボタンをクリックする方法

AutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する際に、あらかじめ用意されているボタンをクリックすることでコマンドを実行して作図を進めていく。
こうした方法には、そこからさらに枝分かれして「リボンメニュー」や「ツールバー」や「クイックアクセスツールバー」などがあります。

ボタンに表現される絵によってそれがどんな機能を持っているかを判断して、ボタンをクリックするというやり方はどれも同じです。
メリットとしては、様々な機能を持ったボタンが用意されているので便利という点と、コマンドマクロなどを利用してオリジナルのボタンも作れる点ですね。

デメリットとしては、やはりコマンドが割り当てられたボタンをクリックする為に、基本的にはAutoCAD(オートキャド)の画面上部にカーソルを移動する必要があるという点でしょう。
それによってコマンドを実行する為に一動作が必要になって、作図の効率を考えるとベストな方法とは言えないんでよね。

マウスカーソルの設定で、カーソルをかなり早くして、なおかつカーソルの移動精度を高めていくことでデメリットは解消しそうな気もしますが…
そこまでの状態になる為にはかなり熟練が必要になってくると思います。
少なくとも私はマウスのスピードも精度もそこまで自信がありません。

□メニューバーを使う方法

AutoCAD(オートキャド)の初期設定では表示されていませんが、画面上部に色々な文字でコマンドを表示しているメニューバーを使うやり方も選択肢としてはあります。
メリットとしては、ほとんどの機能が実行出来るにも関わらず表示スペースが非常に小さくて済む、という点にあります。

デメリットとしては、「編集」などの項目をクリックするとメニューが表示されて、そこからさらにボタンをクリックするという手順になるので、コマンド実行に時間がかかるという点。
作図効率を考えるとあまり有効な手段とは言えないんですよね。

関連記事

  1. クイックアクセスツールバーの設定
  2. カスタマイズ機能のまとめ
  3. クイックアクセスツールバーの設定
  4. ツールバーのカスタマイズ方法
  5. ショートカットキーへの割り当てには限りがある
  6. リボンメニュー内にツールバーを表示