• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

ショートカットキーのカスタマイズ手順-2

前回の説明では、AutoCAD(オートキャド)のショートカットキー機能をカスタマイズをする具体的な手順について考えてみました。
「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面を開き、「ショートカットキー」の項目を開いた状態までの手順を説明したので、今回はその続きから。

「全画層フリーズ解除」コマンドをショートカットキーに設定すると作図の効率が良くなるかどうかはちょっと微妙なところがありますが…
カスタマイズ操作の流れが分かれば、あとは好きなコマンドをショートカットキーに設定することが出来るので、まずはやってみましょう。

画面左下にある「コマンド一覧」には、AutoCAD(オートキャド)のコマンドが全て表示されていて、その数は本当に大量です。
その中から手動で「全画層フリーズ解除」を見つけるのは大変なので、ここでは便利な検索機能を使うことにしましょう。

「全画層」と検索BOXに入力

上記のように「全画層」と検索BOXに文字入力すると、当たり前ですが「全画層」が含まれたコマンドだけが表示されます。
一気にコマンドが2個に絞られましたね。

ここで「全画層フリーズ解除」を選択して、画面上部の「ショートカットキー」項目までドラッグをしていきます。

「全画層フリーズ解除」をドラッグ

上図では「ショートカットキー」項目の一番上までドラッグしています。
この並び順は、もしショートカットキーがダブっていた場合にどちらを優先するかをコントロールする要素になります。
…が、ダブらないように設定すれば並び順はあまり気にしなくて大丈夫です。

とりあえずは「ショートカットキー」の一番上までドラッグしてボタンを離すと、「全画層フリーズ解除」コマンドが一覧に追加されました。

「全画層フリーズ解除」コマンドが一覧に追加された状態

上図では「全画層フリーズ解除」コマンドが選択された状態になっています。
この状態で画面右下にある「プロパティ」を確認してみると…

「全画層フリーズ解除」コマンドのプロパティ

このような状態になっているのが確認出来ます。
上図では「アクセス」項目の「キー」に注目してみると、現在は特になにも設定されていないことが分かります。
この「キー」項目に設定されている内容がショートカットキーになります。

なので今回はここに「F2」キーを割り当てたい。
プロパティ画面の「キー」項目を選択すると、空欄になっている項目の右側に「…」というボタンが表示されるのでそこをクリックしましょう。

「ショートカットキー」ダイアログBOX

そうすると上図のように「ショートカットキー」というダイアログBOXが表示されるので、ここで割り当てたいキーを入力して「OK」をクリックです。
今回は「F2」キーに割り当てたいので「F2」を押しましたが、ここで「Ctrl」+「F」などの組み合わせを押しても良いです。

ショートカットキーが割り当てられた

これで「キー」項目には「F2」と表示されて、ショートカットキーが割り当てられたことが確認出来ました。
もし同じ「F2」キーに割り当てられているコマンドが存在している場合はここで警告が出るので、特に何も表示されなければ問題ありません。

これでショートカットキーの設定が出来たので「OK」をクリックして「ユーザインタフェースをカスタマイズ」の画面を終了させましょう。
AutoCAD(オートキャド)の作図画面に戻るので、試しに「F2」キーを押してみると、全画層フリーズ解除コマンドが実行されるはずです。

もし別のコマンドが実行されるようであれば、もう一度「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面を開き、「F2」キーが設定されているコマンドを探して消してしまいましょう。

関連記事

  1. メニューバーのカスタマイズ方法
  2. 作成したコマンドの利用方法
  3. 自由度の高さが特徴
  4. ツールバーのカスタマイズ方法
  5. 仕事はあくまでも時間がベース
  6. カスタマイズをする理由