• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

ショートカットキーのカスタマイズ手順-1

コマンドエイリアスの設定をカスタマイズする際に基準となるのはどのような部分なのか、というあたりを前回は考えてみました。
色々と設定を変更出来ますと言っても、どんな方針で設定するかが決まっていないとカスタマイズの効果が出にくいです。

「このような考え方で設定を変えていく」という考え方を出来るだけ持っておいた方が、より使いやすい設定にカスタマイズ出来る。
当サイトではそう考えているので、具体的な方法とあわせて考え方も一例として紹介しています。

もちろん方針は人によって違うのが当然なので、私と同じカスタマイズになる必要はなく、自分に合った考え方で進めるのがベストです。
そのベストを見つける為にも、まずは自分がどんなやり方で作図を進めていくのかも含めて色々考えてみることをおすすめします。

今回はAutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する手段の最後、ショートカットキーのカスタマイズ方法を紹介します。
ショートカットキーの組み合わせとして使うことが出来るのは、幾つかのパターンがあります。

・「Ctrl」+「文字または数字」

・「Ctrl」+「Shift」+「文字または数字」

・「F1」などのファンクションキー

この中で使い勝手が良いのは、恐らくキーを同時押ししないで済むファンクションキーではないかと思います。
でもAutoCAD(オートキャド)の初期設定では、ファンクションキーに割り当てられてる機能はそれほど便利ではありません。

実際はそこまで不便でもありませんが、設定を見直す価値は充分にあると思います。

「Ctrl」+「文字または数字」の組み合わせも、「Ctrl」+「C」でクリップボードにコピーとか「Ctrl」+「V」で貼り付けなど、windowsでおなじみの操作が初期設定ではあります。
そのあたりの設定を変えるかどうかも含めて色々考えながらカスタマイズをしていくとAutoCAD(オートキャド)はかなり便利になるはずです。

ということで、どんな考え方でカスタマイズするかについては後で取り上げることにして、まずはショートカットキーの具体的なカスタマイズ手順から紹介します。

ユーザインタフェースをクリック

まずは「管理」タブ内の「カスタマイズ」パネルから「ユーザインタフェース」をクリックして、ユーザインタフェース画面を開きます。
その画面で左上に表示されるメニューから、今回は「キーボードショートカット」の左側にある「+」ボタンをクリックして展開させましょう。

「ショートカットキー」と「一時優先キー」があるので、今回は「ショートカットキー」を選択して表示させます。

ショートカットキーを展開

そうすると上記のように、ショートカットキーに割り当てた機能が色々と表示されます。
上記は私が既にカスタマイズしている状態なので、AutoCAD(オートキャド)の初期設定とは違っていますが…
私がショートカットキーに割り当てている機能が少し確認出来ると思います。

上記画面下側には「コマンド一覧」が表示されています。
基本的な操作の流れとしては、この「コマンド一覧」から割り当てたいコマンドを探して、ショートカットキーの項目までドラッグする、という手順がまず必要です。
と言ってもあまり具体的ではないので、実際になにかしらのコマンドで試してみましょうか。

今回はそうですね…
「全画層フリーズ解除」のコマンドをショートカットキーの「F2」に割り当てる操作を実際にやってみることにしましょう。

ちょっと前置きが長くなってしまったので、具体的なショートカットキーのカスタマイズ手順については次回に説明することにします。

関連記事

  1. クイックアクセスツールバーの設定
  2. カスタマイズをする理由
  3. 一定の水準を満たしたスキルを持つ意味
  4. クイックアクセスツールバーの設定
  5. 作成したコマンドの利用方法
  6. ショートカットキーのカスタマイズ方法