• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

カスタマイズ関連のまとめ-2

前回からAutoCAD(オートキャド)のカスタマイズについての話を簡単にまとめていて、今回も引き続きまとめの話をしていきます。
メニューバーを使ってコマンドを実行する方法まで説明したので、今回はキーボードを使ったコマンド実行方法から。

□コマンドエイリアス

キーボードを使ってAutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する方法として、まずはコマンド名を全て入力するというやり方があります。
しかしこれは何文字もキー入力が必要になるので、手間と時間がかかってしまうという難点があって、しかも1文字でも入力を間違えるとコマンドが実行されないという問題もあります。

そうした問題を解消するために、AutoCAD(オートキャド)ではコマンドエイリアスという方法を用意してくれています。
分解コマンド「EXPLODE」と入力して「Enter」を押すよりも、あらかじめ登録しておいて「EX」+「Enter」の方が全然早いですよね。

このコマンドエイリアスは、通常のコマンド入力を便利にした方法で、それによって何かデメリットが発生するということもありません。
なので、頻繁に使用するコマンドなどは積極的にコマンドエイリアスに登録しておくと、作図の効率はかなり上がると思います。

デメリットとしては、全角入力の時にコマンド入力をしてしまうという無駄が結構発生する可能性がある、というところですね。
私はコマンドエイリアスをかなり愛用していますが、やっぱり全角入力問題にはちょっと苦労をしています。

□ショートカットキー

「F1」などのファンクションキーや「Ctrl」+「A」などの組み合わせによってコマンドを実行する方法をショートカットキーと呼びます。
これはAutoCAD(オートキャド)だけではなく、EXCELなど他のソフトでも使うことが出来る機能なので、結構馴染みがあるのではないかと思います。

コマンドエイリアスはひとつのコマンドしか実行出来ないのに対し、ショートカットキーはメニューバーで作成したコマンドを実行することも出来ます。
そうすることによって、より深い活用が実現するという意味で、ショートカットキーは非常に重宝するやり方ではないかと思います。

デメリットとしては、やはりどうしてもキーの種類に限界があって、あまりにも増やしてしまうと左手だけで押すことが出来ないキーの配置になってしまいます。
そうすると両手でショートカットキーを押すことになって、一度マウスから手を離すという逆に不便なやり方になってしまう可能性も。

ただ、それはあまり現実的ではないので、結果としてはショートカットキーに割り当てることが出来るコマンドには限りがあるということになります。

□それぞれの方法を組み合わせる

AutoCAD(オートキャド)のコマンド実行方法には今まで紹介してきたように、本当に様々な方法があります。
そうした選択肢のメリットとデメリットをまずは操作することで感じで、それぞれのやり方が持っているメリットを生かせるような設定をしていく。

これがAutoCAD(オートキャド)のコマンド実行方法をカスタマイズする際の、非常に大きなポイントになってくるのではないかと思います。
それぞれのやり方を組み合わせていき、なおかつそれぞれのやり方を自分の使いやすいようにカスタマイズしていく。

これが出来れば、きっとAutoCAD(オートキャド)のプロとしては充分なスキルを持っている、ということになるのだと思います。
その為にこのカテゴリで色々説明している内容を役立てて頂ければ嬉しいです。

と言うことで、AutoCAD(オートキャド)のカスタマイズについての説明はこれで終わりです。

関連記事

  1. 押しやすいキーの範囲
  2. キーボードとコマンドの関係を覚える必要がある
  3. 自由度の高さが特徴
  4. カスタマイズ機能のまとめ
  5. マウスの追加ボタン活用方法
  6. リボンメニュー内にツールバーを表示