オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

やり方の説明は完了して

当サイトではAutoCAD(オートキャド)を効率良く操作していく為の方法について色々説明をしてきました。
「AutoCAD(オートキャド)のプロになる為に」というサイトのタイトル通り、プロとしてご飯と食べていくために必要なスキルについて説明をしてきたつもりです。

最初に予定していたよりもかなり長くなってしまい、一気に読むには少しツラいボリュームになってしまいましたが…
実際にAutoCAD(オートキャド)を操作して試しながら一通り読んで頂けると、かなり作図はスムーズになると思います。

これでも「これは説明しておきたい」というものと「これは書かなくても良いかな」という内容で仕分けをしてから書き始めました。
にも関わらず予定よりも長くなってしまい…なかなか思った通りにはなりませんね。

そんなサイトで最後のカテゴリでは、操作方法的な話はもう終わったのでやめておきます。
具体的な操作についての話ではなくて、もっと全体的な話として、スキルアップとかその先のことなどについて考えてみたいと思います。

最後に操作以外の話も

AutoCAD(オートキャド)を覚えて仕事で通用するようになる。
これがまずは目標としてある訳ですけど、そのレベルに到達した後で、そこからどのようなキャリアを描けば良いのかを考える機会はきっとあると思います。

これは私も経験したことだし、結構悩んだりもしたのでよく分かっているつもりです。
私と同じようにAutoCAD(オートキャド)の操作を覚えることだけを目指した先で、いずれ壁にぶつかるかも知れません。
その時のことを考えて、どうしても最後のカテゴリでこの話をしたかったんです。

自分のスキルを磨いていって、仕事で一定の目処が付いたあたりで、この先どのようなスキルアップをしていけば良いのかを考える。
当サイトを見てAutoCAD(オートキャド)の知識を増やしてスキルアップを考えてるような、高い向上心を持っているある方であれば、なおさらそれを考える可能性は高いと思います。

だからこそ、完全に正解ではないにしても、ひとつのサンプルとして経験者である私の話をここで書いておきたい。
こうした考え方は、仕事の選び方にも大きな影響を与える場合もありますから。

そのあたりの話をする前に、まずはAutoCAD(オートキャド)を覚えるまでの流れをここで簡単におさらいしてみましょう。

まずは書籍でもこのサイトでも何でも良いので、手引きとなる情報を読みながら、可能であれば実際にAutoCAD(オートキャド)を操作してみる。
これがAutoCAD(オートキャド)を覚えるために必要な手順です。

これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方であれば、出来るだけ短時間で基本的な操作を覚えてしまうことを目指して欲しいです。
「いつまでに覚える」という期限がないと、何となく毎日練習をしているだけ、みたいな勿体ない時間の使い方になってしまうので、まずは高めの目標を設定するのがおすすめです。

そして出来るだけ早く実際の仕事でそのスキルをさらに磨いていくことを考えていくことが、さらに重要な要素になってきます。

自宅のパソコンにAutoCAD(オートキャド)をインストールして練習する、というやり方で操作自体は覚えることが出来ます。
でも、仕事で求められるスピード感とか正確さなどは、やっぱり実際の仕事で経験してみないと今ひとつピンと来ないのではないかと思います。

だからこそAutoCAD(オートキャド)を使った仕事をして、給料を受け取りながらプロとしてスキルを高めていくことを当サイトではしつこくおすすめしています。

関連記事

  1. 初心者がやりやすい仕事
  2. 操作スピードと年齢の関係
  3. 自分が進みたい方向性
  4. 行き先は人によってそれぞれ
  5. 短時間で正確な図面を
  6. 新しい分野の勉強をする