• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

やり方の説明は完了して

当サイトではAutoCAD(オートキャド)を効率良く操作していく為の方法について色々説明をしてきました。
「AutoCAD(オートキャド)のプロになる為に」というサイトのタイトル通り、プロとしてご飯と食べていくために必要なスキルについて説明をしてきたつもりです。

最初に予定していたよりもかなり長くなってしまい、一気に読むには少しツラいボリュームになってしまいましたが…
実際にAutoCAD(オートキャド)を操作して試しながら一通り読んで頂けると、かなり作図はスムーズになると思います。

これでも「これは説明しておきたい」というものと「これは書かなくても良いかな」という内容で仕分けをしてから書き始めました。
にも関わらず予定よりも長くなってしまい…なかなか思った通りにはなりませんね。

そんなサイトで最後のカテゴリでは、操作方法的な話はもう終わったのでやめておきます。
具体的な操作についての話ではなくて、もっと全体的な話として、スキルアップとかその先のことなどについて考えてみたいと思います。

最後に操作以外の話も

AutoCAD(オートキャド)を覚えて仕事で通用するようになる。
これがまずは目標としてある訳ですけど、そのレベルに到達した後で、そこからどのようなキャリアを描けば良いのかを考える機会はきっとあると思います。

これは私も経験したことだし、結構悩んだりもしたのでよく分かっているつもりです。
私と同じようにAutoCAD(オートキャド)の操作を覚えることだけを目指した先で、いずれ壁にぶつかるかも知れません。
その時のことを考えて、どうしても最後のカテゴリでこの話をしたかったんです。

自分のスキルを磨いていって、仕事で一定の目処が付いたあたりで、この先どのようなスキルアップをしていけば良いのかを考える。
当サイトを見てAutoCAD(オートキャド)の知識を増やしてスキルアップを考えてるような、高い向上心を持っているある方であれば、なおさらそれを考える可能性は高いと思います。

だからこそ、完全に正解ではないにしても、ひとつのサンプルとして経験者である私の話をここで書いておきたい。
こうした考え方は、仕事の選び方にも大きな影響を与える場合もありますから。

そのあたりの話をする前に、まずはAutoCAD(オートキャド)を覚えるまでの流れをここで簡単におさらいしてみましょう。

まずは書籍でもこのサイトでも何でも良いので、手引きとなる情報を読みながら、可能であれば実際にAutoCAD(オートキャド)を操作してみる。
これがAutoCAD(オートキャド)を覚えるために必要な手順です。

これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方であれば、出来るだけ短時間で基本的な操作を覚えてしまうことを目指して欲しいです。
「いつまでに覚える」という期限がないと、何となく毎日練習をしているだけ、みたいな勿体ない時間の使い方になってしまうので、まずは高めの目標を設定するのがおすすめです。

そして出来るだけ早く実際の仕事でそのスキルをさらに磨いていくことを考えていくことが、さらに重要な要素になってきます。

自宅のパソコンにAutoCAD(オートキャド)をインストールして練習する、というやり方で操作自体は覚えることが出来ます。
でも、仕事で求められるスピード感とか正確さなどは、やっぱり実際の仕事で経験してみないと今ひとつピンと来ないのではないかと思います。

だからこそAutoCAD(オートキャド)を使った仕事をして、給料を受け取りながらプロとしてスキルを高めていくことを当サイトではしつこくおすすめしています。

関連記事

  1. 操作スピードと年齢の関係
  2. 人に教えることの難しさ
  3. 短時間で正確な図面を
  4. 行き先は人によってそれぞれ
  5. 自分が進みたい方向性
  6. 初心者の方に教える仕事も