• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

コマンドを新しく作成する方法

AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く際に、ショートカットキーを自分の使いやすいようにカスタマイズしておく。
そうすると作図がスムーズに進むので、出来るだけ使いやすさを意識しながら設定を進めていく、という話を前回は紹介しました。

自分にとって使いやすい環境というのは、以下の点について自分の場合はどうかを考えていくことで少しずつ作り上げられるものです。

・自分にとって使用頻度の高いコマンドが何か

・押しやすいショートカットキーはどれか

これらが自分にとっては何なのかを考えていき、あとはそれぞれを組み合わせていく。
答えは人によって違うけれど、その自由度の高さがAutoCAD(オートキャド)のカスタマイズが持っている魅力ではないかと思います。

このカスタマイズをさらに進めていくと…

あらかじめAutoCAD(オートキャド)が用意しているコマンドのボタンではなく、自分でボタンを作成することも可能です。
それがおすすめ出来るカスタマイズなのかを考えると、あまり強く「ぜひやった方が良いです」とも言えないところが正直な意見としてあります。

ただ、使いようによっては便利になることもあるので、今回はその具体的なやり方を紹介しておこうと思います。
まずは「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面を開き、今回注目するのはまず左下にある「コマンド一覧」画面です。

「コマンド一覧」画面

コマンド一覧画面の右上付近には、上図のように「新しいコマンドを作成」というボタンが用意されています。
このボタンをクリックすると、下図のようにとりあえず新しいコマンドとして「コマンド1」が作成されました。

「コマンド1」が作成された

現在の「コマンド1」は作成したばかりなので全くの空っぽ状態です。
「コマンド1」を選択した状態で画面右側にある「プロパティ」を確認してみると…

「コマンド1」のプロパティ

コマンド名だけが設定されていて、その名前すら自動で付けられた分かりにくい名前になっている状態を確認することが出来ます。
このプロパティ画面に色々設定していくことで、自分でカスタマイズしたボタンを作成することが出来る、というのがまずは基本です。

今回はそうですね…何かあらかじめ登録してあるブロックをボタンひとつで呼び出すことが出来る、みたいなコマンドを作ってみましょうか。
この程度であれば割と簡単に作成出来るし、場合によっては実用的かも知れないので、設定する価値は少しあるかも知れません。

「コマンド1」のプロパティでまずは変更しておきたいのがコマンド名。
さすがに「コマンド1」では今後どんな機能を持ったコマンドなのかが分からなくなるので、ある程度なにかが分かるような名前にしておきましょう。
今回は「挿入_シンボル」とでも付けておくことにします。

コマンド名を「挿入_シンボル」に変更

なぜこの名前にしたのかというと、もしかしたら今後幾つかのブロック挿入ボタンを作成するかも知れないかも、という思惑があるからです。
その場合に 挿入_ブロック名 というルールにしておくと、コマンド名でソートした場合でも頭文字が同じなので並ぶから管理がしやすいかな、というだけ。

結局コマンド名で検索することが出来るので、長い名前でも全然大丈夫です。
ただ、せっかくコマンド名を入れることが出来るのなら、少しでもルール的なものを考慮しておいた方が良いかなと考えただけです。

名前はとりあえずこれでOKとして、あとは設定が必要になる項目として「マクロ」があります。
マクロの設定については次回に続きます。

関連記事

  1. 押しやすいキーの範囲
  2. クイックアクセスツールバーの設定
  3. ボタンをクリックする
  4. カスタマイズをする理由
  5. クイックアクセスツールバーの設定
  6. 自由度の高さが特徴