オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

一時優先キーの設定方法

前回はAutoCAD(オートキャド)のオブジェクトスナップをさらに便利に使う方法として、一時優先キーという設定を紹介しました。
「Shift」+任意のキーを押している間だけ設定してあるオブジェクトスナップが有効になる、という概念を持っている一時優先キー。

これは実際に使ってみると結構便利な機能なので、一度は実際の作図で使ってみることを当サイトではおすすめしています。
設定方法もそれほど複雑ではないので、今回は一時優先キーの具体的な設定の手順について説明をしていきたいと思います。

一時優先キーの具体的な設定方法ですが、まずはおなじみ(?)の「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面を表示させます。

「ユーザインタフェースをカスタマイズ画面を表示

次に「キーボードショートカット」内にある「一時優先キー」を展開してみると、以下のような内容が表示されます。
既に一時優先キーの項目として、オブジェクトスナップの色々な点が用意されている状態を確認することが出来ると思います。

一時優先キーを展開

ここで一時優先キーとしてオブジェクトスナップの点を設定していくことになりますが、まずは自分が通常指定するようにしている点を確認してみましょう。
これは私の場合ですが、定常オブジェクトスナップの設定は以下のようになっています。

定常オブジェクトスナップの設定

「端点」「中点」「中心」「交点」を通常はピックするように設定をしています。
これが一時優先キーを使っていない場合に有効になる点になるので、一時優先キーとして設定する必要がない点だとも言えます。

例えば私が設定しているように、端点を定常オブジェクトスナップに設定している場合は、特に何もしなくても端点をピックしてくれます。
そうではなく、定常オブジェクトスナップとして設定している点以外、私の場合で言えば「垂線」などをピックしたい場合に一時優先キーを使う。

そんな考え方で設定をしていくことになります。

定常オブジェクトスナップに設定していない点で、なおかつ「これは定常に設定はしないけど、時々は使うかも知れないな」という点。
ちょっと文章が複雑になりつつありますけど、私の場合は「垂線」「四半円点」「挿入基点」「点」などがそれに該当しました。

もちろんこれは人によって色々だと思います。
今まで色々な方の設定を見てきましたが、近接点を含めて全てのオブジェクトスナップが常にピック出来るようになっていた方もいたので…
そんな設定をしている場合、今回紹介する一時優先キーは必要ありません。

私の場合は「垂線」を一時優先キーに設定したいので、まずは「垂線」を選択してみます。
そうすると「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面の右側にある「プロパティ」項目が切り替わって、今選択した垂線の設定が表示されます。

一時優先キーのプロパティ項目

上図では既に一時優先キーとして「Shift」+「S」が設定されていますが、これは私が設定したボタンの組み合わせだったと思います。
AutoCAD(オートキャド)の初期設定ではどうだったか、ちょっと忘れてしまいましたが…
「キー」を選択して右側に表示される「…」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

一時優先キーの設定

ここで新しく一時優先キーの組み合わせを押して、画面にその組み合わせが表示されたことを確認して「OK」をクリックしましょう。
おすすめの組み合わせは、やはり左手で「Shift」キーと同時に押しやすいキーなので、私の場合は「Shift」+「S」を垂線に設定しています。

これをそれぞれの点ごとに設定して「OK」をクリックすれば、ユーザインタフェースをカスタマイズ画面が閉じて一時優先キーの設定は完了になります。

関連記事

  1. ボタンをクリックする
  2. 押しやすいキーの範囲
  3. キーボードを使う方法
  4. ショートカットキーへの割り当てには限りがある
  5. リボンメニュー内にツールバーを表示
  6. ショートカットキーを使う