• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

クイックアクセスツールバーの設定

「Shift」+任意のキーを押している間だけ、特定のオブジェクトスナップが有効になる、という割と地味目な一時優先キーの設定を前回は紹介しました。
紹介している私自信が一時優先キーをかなり気に入っているので、そこまでメインで使えるような設定ではないのにおすすめしすぎている気もしますが…

きちんと使いこなせば確実に操作はスムーズになると思うんですよね。
通常選択される点を指定する「定常オブジェクトスナップ」の設定をどのように考えているのか。
これは人によって好みが結構違ってくるもので、それによって一時優先キーの設定もまた変わってくることに。

結局は「人それぞれ好みの問題」ということになるので、あまり自分の設定がベストですとは言いにくいものがあります。
ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を使ってみる、という方であれば、前回私が紹介した設定を試してみるのも悪くないはずです。

ずっとこの設定で図面を描いたりしていますが、不便に感じたこともないし、一時優先キーが原因で精度の悪い図面になったこともありません。
AutoCAD(オートキャド)のプロが使う機能として不足はないので、ぜひ使いこなして作図を少しでもスムーズに進めていきたいところです。

さて、そろそろAutoCAD(オートキャド)のカスタマイズについての話もネタが尽きてきた感じがあります。
今まで何回も書いてきたように、カスタマイズをすること自体が目的になってしまうと、恐らく仕事はあまり上手くまわりません。

そうではなく、カスタマイズによって作図を効率化することによって、結果として図面を完成させるまでの時間を短縮することが目的です。
なので、ある程度自分で作図環境を整えた後は、その環境でスムーズに図面を描くことが出来るかどうか、実際に作図を繰り返す必要があります。

そして今ひとつしっくり来ない場合は、もう少し設定を変えて試してみる。
これを繰り返すことによって、少しずつAutoCAD(オートキャド)の作図環境は整っていき、作図は少しずつ早くなっていく。
そんな作業を繰り返すことでスキルは高まっていくのだと思います。

ちょっと違う話になってしまいましたが、今回はAutoCAD(オートキャド)の操作を少しだけ便利にしてくれる「クイックアクセスツールバー」の設定について考えてみます。
まず「クイックアクセスツールバー」がどこに表示されているかというと、下図の赤く囲った部分に表示されています。

クイックアクセスツールバーの場所

画面の左上にそっとコマンドが表示されているこの部分を「クイックアクセスツールバー」と呼び、これが実際に使ってみると結構便利なんですよね。
配置する場所が場所だけに、たくさんのボタンを配置することが出来ないので、ある程度配置するボタンを厳選する必要はありますが…

そのあたりはAutoCAD(オートキャド)も分かっていて、標準で表示されるコマンドは基本的にファイル操作に関するボタンばかりです。
やはりクイックアクセスツールバーの主旨はあくまでも「手軽に実行する為にボタンを用意しました!」くらいのニュアンスなのでしょう。

なので、ここに作図系のコマンドをずらっと並べても、そこまで便利に使うことは出来ないのではないかと思います。
まずはクイックアクセスツールバーの右側に配置されている「▼」ボタンをクリックすると、表示するコマンドを簡単に選択することが出来ます。

表示するコマンドの選択

これを見ると分かるように、「開く」とか「上書き保存」など、ファイル操作関係のコマンドが多く配置されているのが分かります。
上記の左側にチェックが入っているコマンドが現在表示されている機能なので、追加したい場合は該当するコマンドをクリックしてチェックを入れましょう。

そうすれば簡単にクイックアクセスツールバーにボタンを追加することが出来ます。

関連記事

  1. コマンドを新規作成する方法
  2. キーボードとコマンドの関係を覚える必要がある
  3. キーボードでの操作方法
  4. ツールバーのカスタマイズ方法
  5. 自由度の高さが特徴
  6. ツールバーのカスタマイズ方法

Warning: Undefined array key "show_share_hatena_postlist" in /home/users/1/mktt77/web/autocad/wp-content/themes/nzero/functions/social.php on line 94