オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

リボンメニューでもツールバー表示を

前回はAutoCAD(オートキャド)のウインドウ上部にコマンドを追加させる、クイックアクセスツールバーの具体的なカスタマイズ方法を紹介しました。
リボンメニューから追加したいコマンドを右クリックして「クイックアクセスツールバーに追加」をクリックするだけの簡単な設定なので、ぜひ色々試してみて頂きたいと思います。

ウインドウの上部にコマンドを配置した結果、そのボタンを頻繁に使うようになるか、それともやってみたらあまり使わなかったか。
これは実際に作図をやってみないと分からない部分でもあると思います。

なので、まずは簡単にカスタマイズをして試してみた後で、さらに調整をかけていく。
そんなやり方で自分用の設定を磨いていくことが出来れば、AutoCAD(オートキャド)の操作効率は少しずつ上がっていくのではないかと思います。

ちなみに、前回でも話が出ましたが、文字スタイルコントロールなど一部のコマンドはクイックアクセスツールバーに追加することが出来ませんでした。
原因がはっきりしないので当サイトでもその理由についての説明が出来ませんが、設定出来ないものはもう諦めるしかありません。

どうしてもこの場所にコントロール要素を追加したい! と思ったら…
クイックアクセスツールバーで表示することは諦めて、下図のような感じでツールバーを利用して配置していくやり方もあります。

隣にツールバーを配置した状態

途中までがクイックアクセスツールバーで、文字スタイルコントロールからはツールバーとしてコマンドが表示されている、という感じですね。
これは以前ツールバーをカスタマイズした際に作成した「個人用」ツールバーです。

このツールバーに文字スタイルコントロール要素を追加して、画面上に表示出来るように設定した後に配置場所をウインドウ付近に調整しただけ。
なので、例えばAutoCAD(オートキャド)のウインドウ位置を少し変えると、クイックアクセスツールバーはウインドウと一緒に移動されますけど、このツールバーはそのままの位置に。

AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく際には、作図領域が大きい方が便利なので、大抵の場合はウインドウは最大にするはず。
ウインドウサイズを変えることによって表示がずれてしまうと言っても、そもそもウインドウサイズを変えることはないので大きな不便はないと思いますが…

ここまでの設定をするかどうかは人それぞれだと思います。
ツールバーをわざわざここまで持ってくる必要性があるかどうか、リボンの下側に配置しても充分に便利ではないか、など色々検討・調整しがいがある部分ですね。

今回紹介したやり方では、リボンメニューを表示しながらも、クラシックメニューとも呼ばれるツールバーを表示していました。
場合によってはリボンメニューとツールバーを併用した方が便利かも知れないので、特に難しい設定ではありませんがそのやり方も紹介しておきます。

まずはリボンメニューを表示している状態で、さらにメニューバーも表示させておきます。
メニューバーの「ツール」内にある「ツールバー」を選択すると下図のように「AutoCAD」という項目があります。

ツールバーの表示

この「AutoCAD」項目をクリックすると、登録されているツールバーの一覧がズラッと表示されるので、画面に表示したいツールバーを選択すればOK。
あとは表示したツールバーを適切な位置に調整していくだけで、リボンメニューを表示しながらツールバーも表示する環境が整いました。

リボンメニューとツールバーの良いとこ取りをすることを考えると、こうして両方のやり方を併用することが出来るのは結構便利ではないかと思います。

関連記事

  1. 一定の水準を満たしたスキルを持つ意味
  2. カスタマイズ機能のまとめ
  3. メニューバーを利用するやり方
  4. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  5. キーボードとコマンドの関係を覚える必要がある
  6. 様々なやり方を組み合わせる