• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

ショートカットキーを活用する方法

前回はオートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行する方法として、少ない文字入力で実行出来るコマンドエイリアスを紹介しました。
作図のスピードを意識して色々考えていくと、このコマンドエイリアスはかなり魅力的な操作方法だと感じる方は結構多いのではないかと思います、

もちろん操作する方の好みもあるので、全ての方におすすめ出来る訳ではありませんけど、ぜひ一度試してみて欲しい操作方法です。
私は基本的なコマンドをほとんどコマンドエイリアスで実行していて、かなり快適な操作環境になっています。

だから余計にコマンドエイリアスの使用をおすすめしている訳ですけど、これはあくまでも私個人の好みでしかありません。
これからオートキャド(AutoCAD)のカスタマイズをしようと考えている方には、他のやり方も色々試して最終的なベストを判断して頂くのが良いと思います。

さて、他のやり方についての紹介も今回で最後になります。
今回紹介するオートキャド(AutoCAD)の操作方法は、やはりキーボードを使った「ショートカットキー」と呼ばれるやり方です。

ショートカットキーを使う

ショートカットキーというのはオートキャド(AutoCAD)だけの機能ではなく、ブラウザでもワープロでも表計算ソフトにも用意されています。
有名なショートカットキーとしては「Ctrl」+「C」でクリップボードへのコピー、「Ctrl」+「V」でクリップボードから貼り付け。

これがショートカットキーです。
ショートカットキーでコマンドを実行する基本パターンはいくつか用意されていて、主に以下の3種類のやり方があります。

・「Ctrl」+「文字または数字」

・「Ctrl」+「Shift」+「文字または数字」

・「F1」などのファンクションキー

これらの組み合わせにオートキャド(AutoCAD)のコマンドを割り当てて、該当するコマンドを実行する際にショートカットキーを押す。
そんな使い方をしていくやり方です。

ショートカットキーのメリットとしては、やはりキーボードだけで完結するので、無駄にカーソルを移動させなくて済むという点。
これはコマンドエイリアスと同じメリットですよね。

そしてもうひとつのメリットは、マクロなどを含む複数のコマンドをショートカットキーに登録する事が出来るという点。
ちょっと今の段階ではピンと来ないかも知れませんが、実際に使ってみるとこれはかなり強力なメリットである事が分かるはず。

このあたりの設定はカスタマイズに向いているので、後でもう少し詳しく説明をしていく予定です。

ショートカットキーのデメリットは、入力できるキーの組み合わせに限界があること。
そして「Ctrl」+「Shift」+「文字または数字」の組み合わせは押すのが大変なので、実際にはあまり活用する事が難しいこと。

「Ctrl」キーと「Shift」キーはすぐ近くにあるので、左手の小指と薬指で「Ctrl」キーと「Shift」キーを同時に押せば大丈夫なんですけど…
これは慣れるまでに結構時間が掛かります。

「Ctrl」+「文字または数字」の組み合わせには、押しやすさという意味で組み合わせ数には限界があるので、やはり全てのコマンドをショートカットキーに設定するのは難しい。
そんなデメリットもあります。

「Ctrl」と「文字または数字」は同時に押す必要があるので、なるべく片手で押せる組み合わせを考えていくと結構限られるんですよね。
これは作図する方の手のひらサイズによっても少し変わってきますけど、「Ctrl」+「Y」くらいになるとやっぱり押しにくいので効率は良くないです。

関連記事

  1. コマンドを新規作成する方法
  2. マウスの追加ボタン活用方法
  3. コマンドエイリアスのカスタマイズ
  4. キーボードとコマンドの関係を覚える必要がある
  5. カスタマイズ機能のまとめ
  6. ショートカットキーへの割り当てには限りがある