オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

文字について

さて…
今まで何回かに分けてAutoCAD(オートキャド)の作図系機能について色々と説明をしていきましたが、そろそろ基本的な機能の紹介は終わりになります。

これでバリバリと図面を作図出来る、という感じでは残念ながらありませんが、ひとまず基本的な作図機能については知ることが出来たのではないかと思います。
次に覚えるべき項目は編集系の機能になるので、次のカテゴリではそのあたりの話を色々としていこうと考えています。

ただ、その前に作図系機能でいくつか説明が出来ていない結構重要な機能があるので、今回はそのあたりについて少し触れておきたいと思います。
作図系機能でまだ取り上げていないのは、文字の記入と寸法線の記入関連の機能です。

図面を構成する要素として、線や円をはじめとする様々な形状を作成する機能を色々と紹介してきた訳ですが、もちろんそれだけでは図面として充分とは言えません。
文字による説明があって、寸法線による寸法の指定があって、はじめて図面は情報を伝達するという役割を果たすことが出来るんです。

図面で単純に図形だけが表現されていたとしても、その線が何を意味しているのかは、文字の情報で補完されなければ分からない場合が多いです。
そのために、図面には文字情報が必要不可欠になってくる、という事です。

図面内に表現される文字

また、どんなに情報を詰め込んだ図面だったとしても、寸法が記入されていないとその数値を具体的に伝えていく事が出来ません。
このあたりを考えると、やはり文字と同様に、寸法線も図面を構成する要素として必要不可欠な存在という事になると思います。

…と、色々と書いてみましたが、結局は文字情報と寸法線による寸法指定がない限り、図面は図面としての役割を果たすことが出来ないという事です。
これは恐らくどのような種類の図面でも同じではないかと思います。

地図などの図面であればあまり寸法線が重要になってくる事はありませんが、文字情報がない限り地図はそれほど有益な情報とはなり得ません。
という感じで、図面内に文字や寸法が多いとか少ないなどはありつつも、どちらの要素も完全にない図面というのは存在しないはずです。

そんな重要な要素について、この作図系機能を紹介していくカテゴリで取り上げなかったのは、もちろんきちんとした理由があります。
それはなぜかと言うと、単純に文字機能も寸法機能も色々な設定などが多くなってくるので、別のカテゴリでしっかりと説明をしたい。

そうした思いがあるからです。

作図系機能の中で取り上げるにはボリュームが多すぎてしまい、ちょっと説明としては長くなりすぎて分かりにくくなってしまいそうな雰囲気があります。
それならば、それぞれ文字と寸法のカテゴリを作成して、その中で設定などを含めて詳しく説明していく方が良いのではないか…

というのが当サイトの見解です。

そんな訳で今回のカテゴリでは、まず本当に基本的な機能として、色々な線や円で構成された要素を作成する方法についての紹介で終わることにします。
これらの操作を踏まえて、今後説明していく文字や寸法関連の設定や操作を覚えていけば、かなり良い感じにステップアップ出来るのではないかと思います。

これがこのカテゴリで文字や寸法についての説明をしない理由になります。

ちょっと言い訳のような雰囲気が漂ってきていますが、ある程度割り切って順番に覚えていく必要があるのは確かです。
ここでは線や円などの図形を作成する機能を覚えておき、文字や寸法線についてはまた別の機会に覚えていくことにしましょう。

恐らくその方が覚えるには効率が良いはずですから。
ということで、次回のカテゴリからは編集系の機能について色々と説明をしていきたいと思います。

関連記事

  1. 円の作図方法
  2. 雲マークのイメージ
  3. 全然役に立っていない…
  4. 楕円のイメージ
  5. キーボードから入力
  6. グラデーションのイメージ