オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

回転(ROTATE)-2

前回はオートキャド(AutoCAD)の機能である回転コマンドを紹介していく中で、作図や修正をする際には「どうすれば楽になるか」を考えていく事をお勧めしました。
前回の例で言えば、テーブルは一本一本の線で構成するよりも、恐らくポリラインで一つの要素としておいた方が楽ではないか、という話でした。

ただ、これから作図する方に「こうやってデータを構成していく方が楽ですよ」とアドバイスをするなら意味がありますが…
既に作図されている要素に対して腹を立てても仕方がないというか、そんな事で頭にきても何も解決しないという意見もあります。

回転機能のイメージ

こうした問題は結構AutoCAD(オートキャド)のベテランにありがちなので、私を含めて気をつけないといけません。
…さて、少し話が逸れましたが、テーブルを選択した後で「Enter」を押すと以下のような画面が表示される事になります。

テーブルを選択した後の状態

ここで「基点」つまり回転の軸となる中心点を画面上から選択する訳ですが、今回の場合どの点を起点にすれば良いのかで少し迷うかもしれません。
壁に対してくっついているテーブルをそのままの関係で回転するから…とか考えていくと、以下のような点が良いかも知れません。

回転の基点を画面から指定する

この点であれば壁にぴったりと付いた関係も変わらずに回転処理をすることが出来るはず。
…なのですが、別にそこまで考えず、例えばテーブルの角を基点に選択しても良いのではないかと当サイトでは考えています。

理由はシンプルに「その方が恐らく早いから」です。
壁位置に対して関係が変わらない点を予測しても、そこは恐らく特に何もない部分になるので、そのままでは正確な基点を指定する事は出来ません。

そうなると45°の線を引いてその中点を選択するとか、テーブルの巾から計算して相対座標がいくつの点を指定するなど、かなり面倒な話になってきます。
もちろん良く考えればそこまで難しい話ではないので、そうした処理をすることも全然不可能な事ではありませんが…

そのあたりに神経を使うのであれば、適当に回転させてすぐに移動させた方が話が早いという場合は結構多いものです。
AutoCAD(オートキャド)の操作方法については、正解が一つではないのですが、今回の場合も色々な正解があるという事ですね。

当サイトでは、じっくり考えてベストだと思われる操作をするよりも、一瞬で判断して手を早く動かした方が結果的には早いと考えています。
もちろん一瞬でベストな判断が出来るのが良いのは間違いありませんが、それよりもひとつひとつの機能を開始する速度を高める方が重要ではないかと。

と言うことで今回はテーブルの角を基点に指定すると…

テーブルの角を基点にした場合

表示としては上記のような状態になって、画面上を確認するとカーソルの動きに合わせてテーブルが回転されるのが確認出来ます。

図面を作図していく中では、カーソルの位置にあわせて適当な角度に回転すればOK、という状況はそれほど多くはないはず。
なのでここでは直交モードをONにして画面上をクリックするか、あるいはキーボードから90と入力して「Enter」を押すかのどちらかになります。

回転角度の入力

その結果、テーブルはきちんと90°回転されてコマンドは完了しました。

90°回転操作後の状況

もちろんこれではテーブルの位置が良くないので、今度は移動機能を使って壁の角にテーブルを移動させて、文字も同じように移動して調整をかけていきます。

テーブルの調整後

関連記事

  1. 機能を覚えてステップを上がる
  2. ストレッチの意味
  3. コピー
  4. 面取り距離の基本関係
  5. 回転機能について