オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ストレッチ(STRETCH)-3

前回はストレッチ機能の手順を説明していく中で、まずは変形させたい要素を交差選択で指定するという段階まで説明することが出来ました。
最初は交差選択が前提になる事を意識しながら操作する必要がありますが、そのうちに慣れてきて自然に選択が出来るようになるはず。

どこを選択したらどのような動きになるのか、というあたりについては、前回も書きましたが何度も繰り返し操作を試してみるのが一番早いです。
ちょっと説明としては乱暴な感じですが…AutoCAD(オートキャド)の操作も運動と同じような部分があるので、まずはすぐにやってみることをお勧めします。

「こうして選択すればこう動く」というような理屈で考えていく事が必要な場合も確かにありますが、実際にやってみる事には敵わなかったりする訳です。
テニスの練習などでも、肘の角度がどうとか色々考える前に、まずは来たボールを打ってみる事の方が大事だし、その方が話が早い場合も多い。

AutoCAD(オートキャド)の操作も同じで、ストレッチでここを動かしたいから、まずはここまで交差選択をして…
とかやっているよりも、実際に試してみて「ここも選択した方が良かった」という経験を繰り返した方が全然早いです。

ストレッチする要素の選択

前回選択したのは上記のような範囲になりますが、この選択がどのような結果になるのかを確認する為、ストレッチの操作を続けていくことにしましょう。
ストレッチで変形したい要素を選択したら「Enter」を押すと、以下のような表示が出ます。

ストレッチする要素を選択した後

ここではAutoCAD(オートキャド)の画面上から、ストレッチによって形状を変える要素の基準点を指定する事になります。
今回はドア枠を400mm図面にむかって右側へと移動したい訳ですが、結局は数値入力をすることになるので、ドアに近い点であれば基点はどこでも構いません。

ストレッチの基点指定

ストレッチの基点を指定すると上記のような表示になって、ストレッチの目的点を画面上から指定する状態になります。
このあたりの考え方は移動や複写などの機能と全く同じで、基点に対して指定した目的点の差だけ要素が移動することになります。

ちょっと分かりにくいので画像で説明をすると、基点に対してどの程度目的点を移動させたかによって、このような感じで要素が変形していく感じです。

カーソルに対するストレッチ要素の動き

上記のような自由な選択は図面では難しいので、ここでは直交モードをONにしておき、カーソルを向かって右方向に固定した上で「400」と入力して「Enter」を押しましょう。

ドアがストレッチされた状態

そうすると上記のようにドア枠が正確に400移動されてストレッチ機能は完了です。
ただ、実際にはドアの軌跡がそのまま400移動されてしまい、絵がおかしくなっているのが確認出来ると思います。
なかなか上手いこといきませんよね。

今回ストレッチする要素を選択する際には、ドアの軌跡は選択から除外しておくのが正解で、ドアの軌跡だけは尺度変更機能でサイズ調整した方が良いかも知れません。
あまり上手くいかない例ばかり紹介していますが、変形させる要素の選択によって結果が大きく変わってくるというサンプルにはなると思います。

これでは図面として良くないので、まずはストレッチでドア枠だけ移動して…

必要な部分のみストレッチした状態

その後尺度変更機能を利用してドアの軌跡を大きくすれば操作は完了です。

ストレッチでは出来ない部分を修正

結局はいくつかの機能を組み合わせていかないとドアの巾を変えることが出来なかった、というのが現実という事になりました。
ただ、ひとつの便利な機能だけで全ての操作が出来るというような状態はあり得ません。

AutoCAD(オートキャド)を使って図面を作図していく際には、色々な機能を駆使して図面を描いていくのは当たり前。
というような、割と当たり前の結論になるのではないかと思います。

関連記事

  1. シンプルな機能でオートキャド(AutoCAD)に慣れていく
  2. ストレッチの意味
  3. ショートカットキーの活用
  4. 複写機能の解説続き
  5. 面取り機能
  6. リボンメニューをカスタマイズ