オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

当サイトで扱うCADとその理由

当サイトではAutoCAD(オートキャド)を操作する為に、プロとしてどのような使い方をすれば良いのか、というあたりにフォーカスして色々と書いていくつもりです。
やり方は人によって好みがあるので、私が書いている内容を全部取り入れるのではなく、「お!」と思った部分だけでも取り入れてもらえると嬉しいです。

AutoCAD(オートキャド)を覚えるメリットをここで少し考えてみると、以下のような理由が考えられます。

・機能が豊富で便利なCADである

・使っている企業が多い

・色々なカスタマイズも可能で奥が深い

・操作方法を解説している書籍が多い

・当サイトでも解説しているので覚えやすい

最後の項目は冗談です。
色々な企業で使われている非常に便利でなおかつ奥が深いCADを覚える事で、仕事に生かせる機会が多くなる。
これがAutoCAD(オートキャド)を覚えるメリットになります。

求人の多さがメリットのひとつ

せっかく苦労をして覚えたCADでも、そのCADを使う仕事の求人が全然ない場合には、そのスキルを生かす機会がありません。
そのCADでどんなに高いスキルを持っていたとしても、生かす機会がないのであれば、それを証明する事が出来ません。

そういった意味では、AutoCAD(オートキャド)はある程度安定して求人もありますから、高めたスキルを生かす機会は色々あると思います。
また、そうして色々な人と仕事をしていく中で、自分より高いスキルを持っている相手を見つけることも可能になってきます。

これは結構大きなポイントです。
自分よりも出来る人を見れば、そこを目指すことが現実的になりますし、そのために色々教わることも出来るというメリットがあります。
こうした状況になれば、スキルアップしやすいという事ですね。

また、使っている方が多いと言うことは、一度操作をしっかりと覚えてしまえば、その後で操作を教える仕事に切り替える事も選択肢としてはあります。
私のように操作方法を解説するサイトを作った場合でも、情報としてある程度の価値があると見なされる可能性が高くなるかも知れません。

そうした理由から、ある程度の割合で使われているCADを覚えた方が、なにかとメリットがあるのではないか。
当サイトではそのように考えています。

また、これは実際に使って頂ければ分かるのですが、利用している企業が多いだけあって、非常に使い勝手の良いCADでもあるんです。
決して「皆が使っているからなんとなく広まっているだけ」という訳ではなく、機能が多くて便利だから広まっているんです。

もちろん完璧な機能を持っているとまでは言いませんが、図面を作図していて「こういう事がやりたい」と思う大抵のことは実行できます。
また「ここは少し無駄だからやり方を変えたい」と思った場合でも、色々なやり方が用意されているので、実現しやすい環境があります。

AutoCAD(オートキャド)の操作方法は選択肢が結構多いですから、自分好みのやり方を追求する事が出来るんです。
あまりそこにフォーカスしても困りますが、仕事で無駄を省いていくことを意識した場合でも、それに応えるような機能が用意されています。

自分が結構な頻度で使用しているCADですから、もちろん愛着も大きいですし、自分自身が便利に利用できているので、ついつい褒めてしまいます。
ちょっと褒めすぎてしまいましたが…こうした話はこのあたりで終わりにしておきましょう。

次のカテゴリからは、AutoCAD(オートキャド)についての話をもう少し具体的にしていき、実際の操作方法などにも触れていきたいと思います。

関連記事

  1. 様々な種類
  2. 2次元CADと3次元CADの違い
  3. AutoCAD
  4. サイドボタンのあるマウス
  5. イケメン付箋
  6. 二次元図面