オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

管理人の場合はどうか

AutoCAD(オートキャド)を覚えようとする際に、少し方向性は違うけれどライバルになりそうな3DCADについて前回は考えてみました。
立体的に図形を構成していき、それを好きな角度から表現する事が出来る3DCADは、ぱっと見のイメージがものすごく良いものです。

そこはもうAutoCAD(オートキャド)では敵いません。

そう考えると、3DCADを覚えた方がメリットが大きいのではないか、という気持ちになったりもしますが、これはある意味正解でもあります。
今後ますます3DCADは普及していく事が予想されて、それを先に使えるようになっておく、という先行者メリットは確かにあるはずですから。

ただ、完全に全てを3DCADで作図するという事になる為には、かなり3DCAD側の機能が頑張らないといけないはずです。
今現在の機能ではちょっとビジネスとして厳しい状況になる場面が多いので。
ただ、そこがある程度改善されてくると、一気に普及する可能性も秘めています。

とは言いつつも、今これを書いている私自身は、仕事で3DCADを使いこなせている訳ではないというのが正直なところです。
そこまで3DCADは普及しないだろうな…という予測を元に、あまり深入りしないでおこうというスタンスをとっているので。

メインで使っているCADはAutoCAD(オートキャド)になるので、3DCADが普及すると改めて覚えなければならない、という厳しい立場にいます。
今の段階でAutoCAD(オートキャド)と3DCADを比較すると、図面を作図するという点で3DCADはまだまだなので、あまり心配はしていませんが…

作図機能という意味で、3DCADがAutoCAD(オートキャド)を凌駕する時には、もう私は現役ではないのではないか。
少し甘いかも知れませんが、そんな事を考えています。

このような事情があるので、当サイトでは3DCADではなく、AutoCAD(オートキャド)についての情報をお届けできればと考えています。
まだまだ仕事で使う機会が多いCADですから、覚えておいて無駄になることはないはず、と信じて色々な説明をしていきます。

私自身、AutoCAD(オートキャド)を使っている期間がかなり長くなってきたので、説明出来る内容は結構多くなるはずです。
特にこれから覚えたいと考えている方にとっては、まずまず役に立つ内容になってくるはずなので、時間があれば一通り読んで頂けると嬉しいです。

AutoCAD

と、少し宣伝みたいになっていますが…
当サイトで説明するやり方は、私が好んでいるやり方なので、少し偏っている可能性があるので、参考になる部分だけ取り入れるという感じで使うと良いと思います。
私のやり方が完璧という訳では残念ながらありませんから。

自分のやり方を効率というキーワードで少しずつ改善していき、出来るだけ無駄を省いたやり方を目指すという事をずっとやってきました。
そうして磨いてきたやり方がベストだと思ってもいました。
しかし最近は、操作方法に対するこだわりが年々小さくなっている事を感じています。

それは恐らく、私とは違うやり方をしているけれど、それできちんと仕事で結果を出している方をたくさん見てきたからだと思います。
人によって色々なやり方があって、自分に合っているやり方を突き詰めていけば、どのようなやり方であっても上手くいくんだなと。

私のやり方もたくさんある選択肢の一つでしかなくて、実際に操作する方の参考になる情報がこの中にいくつかある、という感じなのだと思います。
と言うことで、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようと考えている方も、色々なやり方を参考にして自分のやり方を突き詰めてみてください。

その参考に当サイトが少しでも役に立てれば、私もちょっとだけ嬉しく思います。

関連記事

  1. 選択肢の多さ
  2. 図面
  3. 改善の積み重ね
  4. 建築系図面の例
  5. パソコンまわりの環境
  6. ボール式マウス